LMH1982 マルチレート・ビデオ・クロック・ジェネレータ、LMH1981 HD/SD ビデオ・シンク・セパレータ EVM 付 LMH1982SQEEVAL (供給中)

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


主なドキュメント
Download - PDF Icon

概要

The LMH1982 evaluation board platform was designed by National Semiconductor to demonstrate the excellent clock jitter performance of the LMH1982 multi-rate video clock and timing generator in a genlock application with the LMH1981 multi-format video sync separator. The evaluation platform consists of the LMH1982 evaluation board and a USB interface board, and can be controlled from a PC using Nationals LMH1982 evaluation software.

The board provides input ports to apply analog or digital input reference signals and SMA output ports to transmit the LVDS SD and HD clocks. Headers and test points are provided to access other important I/O signals, such as the output Top of Frame (TOF) pulse timing generated by the LMH1982. The external VCXO and loop filter components are located on the top side of the board for easy modification and optimization of circuit performance. The on-board DIP switches can be used to control various input modes to the LMH1982, such as device reset and signal gating (tri-state) of the LMH1981 output syncs.

注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 オーダー・オプション 供給状況

LMH1982SQEEVAL/NOPB:
LMH1982 Multi-Rate Video Clock Generator with LMH1981 HD/SD Video Sync Separator EVM

$299.00(USD)


価格は各社サイトをご覧ください



ACTIVE

TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます

技術資料
ユーザー・ガイド (2)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 1111 2013年 4月 26日
PDF 1265 2012年 1月 27日
その他の技術資料 (3)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 38 2019年 1月 2日
PDF 38 2019年 1月 2日
PDF 869 2012年 1月 25日
関連製品

開発ツール (1)

名前 型番 ツール・タイプ
LMH1982 ソフトウェア・セットアップ - マルチレート・ビデオ・クロック・ジェネレータ、Genlock 付き  LMH1982APP-SW  回路設計とシミュレーション 

TI デバイス (1)

型番 名前 製品ファミリ
LMH1982  Multi-Rate Video Clock Generator with Genlock  SDI 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事