ワイヤレス M-Bus プロトコル・ソフトウェア WMBUS (供給中)

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 供給状況

WMBUS:
ワイヤレス M-Bus プロトコル・ソフトウェア


ACTIVE

概要

The Wireless M-Bus standard (EN13757-4:2014-2) specifies the RF communication link between water, gas, heat, and electric meters and the data collecting devices. It is widely accepted in Europe for smart metering or Advanced Metering Infrastructure (AMI) applications. Wireless M-Bus was originally targeted to operate in the 868 MHz band, which gives a good trade-off between RF range and antenna size and provides a link budget suitable for a Home Area Network range inside buildings. Two other ISM bands in Europe, 169MHz and 433MHz, were added later to the wM-Bus specification, introducing narrow-band solutions with significantly higher link budget and thus enabling longer range solutions such as Metropolitan Area Networks in dense populated cities.

What does TI provide to help designers?

Hardware platforms:

Software solutions:

  • wM-Bus stack – For customers who want to shorten their development cycle and develop metering products TI provides an OMSv4.1.2 compliant and field proven wM-Bus stack. This is a full SW solution, supporting the SimpleLink Sub-1 GHz and Dual-Band wireless MCUs. The stack is provided “free-of-charge” and royalty-free when used with CC1310 and CC1350.

NOTE: Multiple other TI hardware platforms, including the two-chip solution of the MSP430 + CC112x and CC120x high performance transceivers are also supported, specifically the 868 and 169 MHz bands.

Learn more about the two-chip solution>

For more information regarding the MSP43x + CC112x/CC12x0 CIG (Italian Gas meter requirements) compliant stack solution contact your TI sales representative.

Support for the wM-Bus stack is available from Stackforce GmbH. Services include stack customization and porting to hardware platforms beyond Texas Instruments’ reference design.

Please contact Stackforce here

simplelink_sdk

特長
  • Uni-directional S1-,.T1- and C1-mode Meter configuration at 868 MHz
  • Bi-directional S2-, T2- and C2-mode Meter configuration at 868 MHz
  • Bi-directional S2-, T2- and C2-mode Data Collector configuration at 868 MHz
  • 115.2 kbps UART interface with Serial Command Interpreter (to external Host MCU)
  • API interface for integration of the wM-Bus Stack into own application
  • OMSv4.1.2 compatibility (an OMSv4.0.2 Stack version for backwards compatibility with installed devices in the field is available as well).
  • Ultra-low power in sleep (UART interface inactive for Meter devices)

製品内容

  • Binary Meter images for TI wM-Bus stack for S1, S2 or T1_C1 and T2_C2 combined wM-Bus modes for OMSv4.1.2 for a Meter device
  • Binary Meter images for TI wM-Bus stack for S2 or T2 and C2 (C2_T2 combined) wM-Bus modes for OMSv4.1.2 for a Data Collector
  • CCS project configurations for “Serial” or Network processor function for each mode and either Meter or Data Collector
  • CCS project configurations for “Embedded” or “API” function for each S-, T and C-mode and either Meter or Data Collector
  • Extensive documentation of both Serial and API interfaces in HTML format

技術資料
アプリケーション・ノート (7)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 525 2018年 10月 19日
複数ファイル   2018年 10月 3日
複数ファイル   2018年 10月 3日
PDF 2798 2013年 2月 20日
PDF 454 2012年 10月 2日
PDF 406 2012年 8月 20日
複数ファイル   2008年 11月 6日
その他の技術資料 (2)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 167 2014年 11月 5日
PDF 201 2013年 10月 2日
関連製品

設計キット&評価モジュール  ( 2 )

名前 型番 ツール・タイプ
SimpleLink™ Sub-1GHz CC1310 ワイヤレス・マイコン LaunchPad™ 開発キット  LAUNCHXL-CC1310  評価モジュールと評価ボード 
SimpleLink™ デュアル・バンド CC1350 ワイヤレス・マイコン LaunchPad 開発キット  LAUNCHXL-CC1350  開発キット 

リファレンス・デザイン  ( 6 )

TI デバイス (2)

型番 名前 製品ファミリ
CC1310  SimpleLink™ Sub-1 GHz 超低消費電力ワイヤレス・マイコン  SimpleLink ソリューション 
CC1350  SimpleLink 超低消費電力デュアル・バンド・ワイヤレス・マイコン  SimpleLink ソリューション 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事