JAJSNB6B November   2021  – April 2022 INA350

PRODUCTION DATA  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
  4. 改訂履歴
  5. デバイス比較表
  6. ピン構成および機能
  7. 仕様
    1. 7.1 絶対最大定格
    2. 7.2 ESD 定格
    3. 7.3 推奨動作条件
    4. 7.4 熱に関する情報
    5. 7.5 電気的特性
    6. 7.6 代表的特性
  8. 詳細説明
    1. 8.1 概要
    2. 8.2 機能ブロック図
    3. 8.3 機能説明
      1. 8.3.1 ゲイン設定
        1. 8.3.1.1 ゲイン誤差とドリフト係数
      2. 8.3.2 入力同相電圧範囲
      3. 8.3.3 EMI 除去
      4. 8.3.4 代表的な仕様と分布
      5. 8.3.5 電気的オーバーストレス
    4. 8.4 デバイスの機能モード
  9. アプリケーションと実装
    1. 9.1 アプリケーション情報
      1. 9.1.1 リファレンス・ピン
      2. 9.1.2 入力バイアス電流のリターン・パス
    2. 9.2 代表的なアプリケーション
      1. 9.2.1 抵抗性ブリッジ圧力センサ
        1. 9.2.1.1 設計要件
        2. 9.2.1.2 詳細な設計手順
        3. 9.2.1.3 アプリケーション曲線
  10. 10電源に関する推奨事項
  11. 11レイアウト
    1. 11.1 レイアウトのガイドライン
    2. 11.2 レイアウト例
  12. 12デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 12.1 デバイスのサポート
      1. 12.1.1 開発サポート
        1. 12.1.1.1 PSpice® for TI
    2. 12.2 ドキュメントのサポート
      1. 12.2.1 関連資料
    3. 12.3 Receiving Notification of Documentation Updates
    4. 12.4 サポート・リソース
    5. 12.5 商標
    6. 12.6 Electrostatic Discharge Caution
    7. 12.7 Glossary
  13. 13メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

入力同相電圧範囲

INA350 には 2 つのゲイン段があり、1 段目は同相ゲインが 1 で、GS ピンによって差動ゲインが設定されます。2 段目は差動ゲイン 1 の差動アンプに構成され、理想的にはすべての入力同相モードを完全に除去します。また 2 段目は、出力同相電圧を設定するため、REF ピンから 1 のゲインも供給します。

INA350 の線形入力電圧範囲は、レール・ツー・レールの最初の段でも、最初の段の出力における信号スイングと、2 段目の入力同相電圧範囲の出力スイングによって決定されます。INA350 は、選択した入力差動について、ゲイン、リファレンス電圧、入力同相電圧の特定の組み合わせに対して、線形動作を保つ必要があります。このセクションの入力同相電圧 (VCM) と出力電圧 (VOUT) のグラフは、INA350 の線形性能領域の概要を示す特定のリファレンス電圧とゲイン構成を示しています。VCM と VOUT のグラフの制限内で動作している場合、良好な同相除去が期待できます。INA350 のリニア入力電圧は、最初の段の出力が飽和状態まで駆動されるため、電源レールに近い値またはそれを超える値にできないことに注意してください。

最も一般的な動作条件の場合の同相範囲について、概要を以下に示します。最小 85dB を達成できる動作領域を、図 8-1 に示します。図 8-2 では入力信号が入力ペアの遷移領域と交差してレール・ツー・レール動作を実現するため、動作領域がはるかに広く、最小 CMRR が 62dB に低下しています。他の動作条件の同相範囲は、TI.com のアナログ技術者向けカリキュレータの「アンプとコンパレータ」セクションにある、INA の VCM と VOUT の比較ツールを使用して計算するのが最適です。INA350-HCM モデルは特に、高 CMRR を必要とするアプリケーションで使用でき、図 8-1 に示す性能に対応します。INA350xxS モデルは、入力同相がレール・ツー・レールを変動することが予想されるアプリケーションに使用でき、図 8-2 で CMRR が最小 62dB まで低下するときの性能に対応しています。

GUID-20211209-SS0I-RXRC-VWX8-FVRLFG1VRGZQ-low.gif
VS = 5.5V G = 10、20、30、50 VREF = VS / 2
図 8-1 入力同相電圧と出力電圧との関係 (高 CMRR 領域)
GUID-20211209-SS0I-X6ZV-FKVG-J9TVFJ27LG9T-low.gif
VS = 5.5V G = 10、20、30、50 VREF = VS / 2
図 8-2 入力同相電圧と出力電圧との関係