JAJSNB6B November   2021  – April 2022 INA350

PRODUCTION DATA  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
  4. 改訂履歴
  5. デバイス比較表
  6. ピン構成および機能
  7. 仕様
    1. 7.1 絶対最大定格
    2. 7.2 ESD 定格
    3. 7.3 推奨動作条件
    4. 7.4 熱に関する情報
    5. 7.5 電気的特性
    6. 7.6 代表的特性
  8. 詳細説明
    1. 8.1 概要
    2. 8.2 機能ブロック図
    3. 8.3 機能説明
      1. 8.3.1 ゲイン設定
        1. 8.3.1.1 ゲイン誤差とドリフト係数
      2. 8.3.2 入力同相電圧範囲
      3. 8.3.3 EMI 除去
      4. 8.3.4 代表的な仕様と分布
      5. 8.3.5 電気的オーバーストレス
    4. 8.4 デバイスの機能モード
  9. アプリケーションと実装
    1. 9.1 アプリケーション情報
      1. 9.1.1 リファレンス・ピン
      2. 9.1.2 入力バイアス電流のリターン・パス
    2. 9.2 代表的なアプリケーション
      1. 9.2.1 抵抗性ブリッジ圧力センサ
        1. 9.2.1.1 設計要件
        2. 9.2.1.2 詳細な設計手順
        3. 9.2.1.3 アプリケーション曲線
  10. 10電源に関する推奨事項
  11. 11レイアウト
    1. 11.1 レイアウトのガイドライン
    2. 11.2 レイアウト例
  12. 12デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 12.1 デバイスのサポート
      1. 12.1.1 開発サポート
        1. 12.1.1.1 PSpice® for TI
    2. 12.2 ドキュメントのサポート
      1. 12.2.1 関連資料
    3. 12.3 Receiving Notification of Documentation Updates
    4. 12.4 サポート・リソース
    5. 12.5 商標
    6. 12.6 Electrostatic Discharge Caution
    7. 12.7 Glossary
  13. 13メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

概要

INA350 はゲイン選択可能な計測アンプで、INA350ABS と INA350CDS のバリアントで 4 つのゲイン・オプションが用意されており、小型パッケージで供給されます。INA350ABS は 10 または 20 のゲイン・オプション、INA350CDS は 30 または 50 のゲイン・オプションです。ゲイン選択 (GS) ピンを切り替えることで、これらのゲイン・オプションを選択できます。INA350 は、ブリッジ型のセンシングと、差動からシングルエンドへの変換のアプリケーションに最適です。

INA350 は、高精度でマッチングされた内蔵抵抗を搭載し、高精度外部抵抗や外部抵抗の厳密なマッチングを必要としないため、BOM コスト、ピック・アンド・プレース機械の処理コスト、基板面積を低減できます。このデバイスは低速の 10 ビットから 14 ビットの A/D コンバータ (ADC) に直接接続できるため、一般的なアンプやディスクリート抵抗を使用した計測アンプのディスクリート実装の代替に最適です。

INA350 は、その性能の実現に最適な 3 つのアンプのアーキテクチャで設計されています。85dB の最小 CMRR、最大ゲイン誤差 0.6%、すべてのゲイン・オプションで 1.2mV の最大オフセット、わずか 125µA の最大静止電流を実現しています。アイドル時にアンプをオフにするシャットダウン・オプションを内蔵し、バッテリ駆動アプリケーションでの消費電力をさらに低減できます。

製品情報
部品番号 パッケージ(1) 本体サイズ (公称)
INA350ABS、INA350CDS WSON (8) 2.00mm × 2.00mm
SOT-23 (8) 1.60mm × 2.90mm
X2QFN (10)(2) 1.50mm × 2.00mm
利用可能なパッケージについては、データシートの末尾にあるパッケージ・オプションについての付録を参照してください。
このパッケージはプレビューのみです。