JAJSAK4L August   2006  – November 2018 LM3880

PRODUCTION DATA.  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
    1.     Device Images
      1.      シンプルな電源シーケンシング
  4. 改訂履歴
  5. 端子構成および機能
    1.     端子機能
  6. 仕様
    1. 6.1 絶対最大定格
    2. 6.2 ESD定格
    3. 6.3 推奨動作条件
    4. 6.4 熱特性
    5. 6.5 電気的特性
      1. 6.5.1 タイミング要件
    6. 6.6 代表的特性
  7. 詳細説明
    1. 7.1 概要
    2. 7.2 機能ブロック図
    3. 7.3 機能説明
      1. 7.3.1 イネーブル・ピンの動作
      2. 7.3.2 不完全なシーケンス動作
    4. 7.4 デバイスの機能モード
      1. 7.4.1 ENピンによる電源オン
      2. 7.4.2 ENピンによる電源オフ
  8. アプリケーションと実装
    1. 8.1 アプリケーション情報
      1. 8.1.1 オープン・ドレイン・フラグのプルアップ
      2. 8.1.2 デバイスのイネーブル
    2. 8.2 代表的なアプリケーション
      1. 8.2.1 3つの電源の単純なシーケンシング
        1. 8.2.1.1 設計要件
        2. 8.2.1.2 詳細な設計手順
        3. 8.2.1.3 アプリケーション曲線
      2. 8.2.2 独立したフラグ電源を使用するシーケンシング
    3. 8.3 必須事項と禁止事項
  9. 電源に関する推奨事項
  10. 10レイアウト
    1. 10.1 レイアウトの注意点
    2. 10.2 レイアウト例
  11. 11デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 11.1 デバイス・サポート
      1. 11.1.1 デベロッパー・ネットワークの製品に関する免責事項
      2. 11.1.2 デバイスの項目表記
    2. 11.2 コミュニティ・リソース
    3. 11.3 商標
    4. 11.4 静電気放電に関する注意事項
    5. 11.5 Glossary
  12. 12メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

電気的特性

特に規定のない限り、制限値はすべてのタイミング・オプションに適用され、VCC = 3.3Vです。最小および最大の制限値は、全動作温度範囲(TJ = -40°C~+125°C)にわたって適用され、テスト、設計、または統計的相関により規定されています。標準値は、TJ = 25°Cでの最も一般的なパラメータ基準値を表し、参考目的にのみ提供されています。
パラメータ テスト条件 最小(1) 標準(2) 最大(1) 単位
IQ 動作時の静止電流 25 80 µA
オープン・ドレイン・フラグ
IFLAG FLAGxリーク電流 VFLAGx = 3.3V 1 20 nA
VOL FLAGxの出力電圧LOW IFLAGx = 1.2mA 0.4 V
電源オン・シーケンス
td1 タイマ遅延1の精度 他のすべてのタイミング・オプション -15% 15%
2msのタイミング・オプション –20% 20%
td2 タイマ遅延2の精度 他のすべてのタイミング・オプション -15% 15%
2msのタイミング・オプション –20% 20%
td3 タイマ遅延3の精度 他のすべてのタイミング・オプション -15% 15%
2msのタイミング・オプション –20% 20%
電源オフ・シーケンス
td4 タイマ遅延4の精度 他のすべてのタイミング・オプション -15% 15%
2msのタイミング・オプション –20% 20%
td5 タイマ遅延5の精度 他のすべてのタイミング・オプション -15% 15%
2msのタイミング・オプション –20% 20%
td6 タイマ遅延6の精度 他のすべてのタイミング・オプション -15% 15%
2msのタイミング・オプション –20% 20%
タイミング遅延の誤差
(td(x) – 400µs)/td(x+1) タイミング遅延比率 x = 1または4の場合 95% 105%
x = 1または4、2msオプションの場合 90% 110%
td(x)/td(x+1) タイミング遅延比率 x = 2または5の場合 95% 105%
x = 2または5、2msオプションの場合 90% 110%
イネーブル・ピン
VEN ENピンのスレッショルド 1.0 1.25 1.4 V
IEN ENピンのプルアップ電流 VEN = 0V 7 µA
制限値は25°Cにおいて、製造時に100%テスト済みです。全動作温度範囲における制限値は、統計的品質管理(SQC)手法を使って相関により確認しています。これらの制限値を使って、TIの平均継続品質レベル(AOQL)を計算しています。
標準値は25°Cでのものであり、パラメータの最頻値(最も頻度が高い値)を表します。

タイミング要件

LM3880 20192613.gif
すべての標準オプションは、出力フラグの立ち上がりおよび立ち下がり順序として、シーケンス1を使用します。可能な別のシーケンスの詳細については、セクション11.1.2を参照してください。
Figure 1. 電源オン・シーケンス
LM3880 20192614.gif
すべての標準オプションは、出力フラグの立ち上がりおよび立ち下がり順序として、シーケンス1を使用します。可能な別のシーケンスの詳細については、セクション11.1.2を参照してください。
Figure 2. 電源オフ・シーケンス