JAJSGM8D December   2018  – January 2021 LM5155 , LM51551

PRODUCTION DATA  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
  4. Revision History
  5. 概要 (続き)
  6. Device Comparison Table
  7. Pin Configuration and Functions
  8. Specifications
    1. 8.1 Absolute Maximum Ratings
    2. 8.2 ESD Ratings
    3. 8.3 Recommended Operating Conditions
    4. 8.4 Thermal Information
    5. 8.5 Electrical Characteristics
    6. 8.6 Typical Characteristics
  9. Detailed Description
    1. 9.1 Overview
    2. 9.2 Functional Block Diagram
    3. 9.3 Feature Description
      1. 9.3.1  Line Undervoltage Lockout (UVLO/SYNC Pin)
      2. 9.3.2  High Voltage VCC Regulator (BIAS, VCC Pin)
      3. 9.3.3  Soft Start (SS Pin)
      4. 9.3.4  Switching Frequency (RT Pin)
      5. 9.3.5  Clock Synchronization (UVLO/SYNC Pin)
      6. 9.3.6  Current Sense and Slope Compensation (CS Pin)
      7. 9.3.7  Current Limit and Minimum On-time (CS Pin)
      8. 9.3.8  Feedback and Error Amplifier (FB, COMP Pin)
      9. 9.3.9  Power-Good Indicator (PGOOD Pin)
      10. 9.3.10 Hiccup Mode Overload Protection (LM51551 Only)
      11. 9.3.11 Maximum Duty Cycle Limit and Minimum Input Supply Voltage
      12. 9.3.12 MOSFET Driver (GATE Pin)
      13. 9.3.13 Overvoltage Protection (OVP)
      14. 9.3.14 Thermal Shutdown (TSD)
    4. 9.4 Device Functional Modes
      1. 9.4.1 Shutdown Mode
      2. 9.4.2 Standby Mode
      3. 9.4.3 Run Mode
  10. 10Application and Implementation
    1. 10.1 Application Information
    2. 10.2 Typical Application
      1. 10.2.1 Design Requirements
      2. 10.2.2 Detailed Design Procedure
        1. 10.2.2.1 Custom Design With WEBENCH® Tools
        2. 10.2.2.2 Recommended Components
        3. 10.2.2.3 Inductor Selection (LM)
        4. 10.2.2.4 Output Capacitor (COUT)
        5. 10.2.2.5 Input Capacitor
        6. 10.2.2.6 MOSFET Selection
        7. 10.2.2.7 Diode Selection
        8. 10.2.2.8 Efficiency Estimation
      3. 10.2.3 Application Curve
    3. 10.3 System Examples
  11. 11Power Supply Recommendations
  12. 12Layout
    1. 12.1 Layout Guidelines
    2. 12.2 Layout Examples
  13. 13Device and Documentation Support
    1. 13.1 Device Support
      1. 13.1.1 Third-Party Products Disclaimer
      2. 13.1.2 Development Support
        1. 13.1.2.1 Custom Design With WEBENCH® Tools
    2. 13.2 Documentation Support
      1. 13.2.1 Related Documentation
    3. 13.3 ドキュメントの更新通知を受け取る方法
    4. 13.4 サポート・リソース
    5. 13.5 Trademarks
    6. 13.6 静電気放電に関する注意事項
    7. 13.7 用語集
  14. 14Mechanical, Packaging, and Orderable Information

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

特長

  • 機能安全対応
    • 機能安全システムの設計に役立つ資料を利用可能
  • バッテリ・アプリケーションに適した広い入力動作範囲
    • 動作電圧範囲:3.5V~45V
    • BIAS = VCC のとき 2.97V~16V
    • BIAS ≥ 3.5V のときの最小昇圧電源電圧 1.5V
    • 最大 50V の入力過渡保護
  • バッテリ消費の最小化
    • 低いシャットダウン電流 (IQ ≤ 2.6µA)
    • 低い動作電流 (IQ ≤ 480µA)
  • 小さなソリューション・サイズと低コスト
    • 最大スイッチング周波数:2.2MHz
    • 12 ピンの WSON パッケージ (3mm × 2mm)
    • 内蔵エラー・アンプによりフォトカプラ (フライバック) なしに 1 次側レギュレーションが可能
    • クランキング中のアンダーシュートを最小化 (始動 / 停止アプリケーション)
  • 高い効率と低消費電力
    • 100mV ±7% の低い電流制限スレッショルド
    • 1.5A (ピーク) の強力な標準 MOSFET ドライバ
    • 外部 VCC 電源に対応
  • AM 帯域の干渉とクロストークを回避
    • (オプション) クロック同期
    • スイッチング周波数を 100kHz~2.2MHz の範囲で動的にプログラム可能
  • 保護機能内蔵
    • 入力電圧範囲全体にわたって一定のピーク電流制限
    • (オプション) ヒカップ・モード短絡保護 (「デバイス比較表」を参照)
    • ライン UVLO をプログラム可能
    • OVP 保護
    • サーマル・シャットダウン
  • ±1% 精度の高精度帰還基準電圧
  • 追加スロープ補償をプログラム可能
  • 調整可能なソフト・スタート
  • PGOOD インジケータ
  • WEBENCH® Power Designer により、LM5155x を使用するカスタム設計を作成