JAJSKO7D October   2020  – March 2022 LMR43610-Q1 , LMR43620-Q1

PRODUCTION DATA  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
  4. Revision History
  5. Device Comparison Table
  6. Pin Configuration and Functions
  7. Specifications
    1. 7.1 Absolute Maximum Ratings
    2. 7.2 ESD Ratings
    3. 7.3 Recommended Operating Conditions
    4. 7.4 Thermal Information
    5. 7.5 Electrical Characteristics
    6. 7.6 System Characteristics
    7. 7.7 Typical Characteristics
  8. Detailed Description
    1. 8.1 Overview
    2. 8.2 Functional Block Diagram
    3. 8.3 Feature Description
      1. 8.3.1  Enable, Start-Up, and Shutdown
      2. 8.3.2  External CLK SYNC (with MODE/SYNC)
        1. 8.3.2.1 Pulse-Dependent MODE/SYNC Pin Control
      3. 8.3.3  Adjustable Switching Frequency (with RT)
      4. 8.3.4  Power-Good Output Operation
      5. 8.3.5  Internal LDO, VCC, and VOUT/FB Input
      6. 8.3.6  Bootstrap Voltage and VBOOT-UVLO (BOOT Terminal)
      7. 8.3.7  Output Voltage Selection
      8. 8.3.8  Spread Spectrum
      9. 8.3.9  Soft Start and Recovery from Dropout
        1. 8.3.9.1 Recovery from Dropout
      10. 8.3.10 Current Limit and Short Circuit
      11. 8.3.11 Thermal Shutdown
      12. 8.3.12 Input Supply Current
    4. 8.4 Device Functional Modes
      1. 8.4.1 Shutdown Mode
      2. 8.4.2 Standby Mode
      3. 8.4.3 Active Mode
        1. 8.4.3.1 CCM Mode
        2. 8.4.3.2 Auto Mode – Light-Load Operation
          1. 8.4.3.2.1 Diode Emulation
          2. 8.4.3.2.2 Frequency Reduction
        3. 8.4.3.3 FPWM Mode – Light-Load Operation
        4. 8.4.3.4 Minimum On-Time (High Input Voltage) Operation
        5. 8.4.3.5 Dropout
  9. Application and Implementation
    1. 9.1 Application Information
    2. 9.2 Typical Application
      1. 9.2.1 Design Requirements
      2. 9.2.2 Detailed Design Procedure
        1. 9.2.2.1  Choosing the Switching Frequency
        2. 9.2.2.2  Setting the Output Voltage
          1. 9.2.2.2.1 FB for Adjustable Output
        3. 9.2.2.3  Inductor Selection
        4. 9.2.2.4  Output Capacitor Selection
        5. 9.2.2.5  Input Capacitor Selection
        6. 9.2.2.6  CBOOT
        7. 9.2.2.7  VCC
        8. 9.2.2.8  CFF Selection
        9. 9.2.2.9  External UVLO
        10. 9.2.2.10 Maximum Ambient Temperature
      3. 9.2.3 Application Curves
    3. 9.3 What to Do and What Not to Do
  10. 10Power Supply Recommendations
  11. 11Layout
    1. 11.1 Layout Guidelines
      1. 11.1.1 Ground and Thermal Considerations
    2. 11.2 Layout Example
  12. 12Device and Documentation Support
    1. 12.1 Device Support
      1. 12.1.1 Third-Party Products Disclaimer
      2. 12.1.2 Device Nomenclature
    2. 12.2 Documentation Support
      1. 12.2.1 Related Documentation
    3. 12.3 Receiving Notification of Documentation Updates
    4. 12.4 サポート・リソース
    5. 12.5 Trademarks
    6. 12.6 Electrostatic Discharge Caution
    7. 12.7 Glossary
  13. 13Mechanical, Packaging, and Orderable Information

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

概要

LMR436x0-Q1 は、業界最小の 36V、2A および 1A 同期整流降圧 DC/DC コンバータで、2mm × 2mm の HotRod パッケージで供給されています。この使いやすいコンバータは、3.0V~36V の広い入力電圧範囲と最大 42V の過渡電圧をサポートしています。

LMR43620-Q1 は、特に常時オンの車載アプリケーションの低スタンバイ電力要件を満たすように設計されています。自動モードでは、軽負荷動作時の周波数フォールドバックが可能であり、1.5µA (VIN = 13.5V) の無負荷時消費電流と、軽負荷時の効率向上を実現できます。PWM モードと PFM モードの間のシームレスな移行と非常に小さな MOSFET ON 抵抗により、負荷範囲全体にわたって非常に優れた効率が得られます。

制御アーキテクチャと機能セットを最適化して、超小型のソリューション・サイズを実現しています。本デバイスは、ピーク電流モード制御を使用して出力容量を最小化しています。LMR436x0-Q1 は、デュアル・ランダム拡散スペクトラム、低 EMI の HotRod パッケージ、最適化されたピン配置を利用して入力フィルタのサイズを最小化しています。MODE/SYNC および RT ピンのバリアントを使用すると、200kHz~2.2MHz の周波数に設定または同期して、ノイズの影響を受けやすい周波数帯域を回避できます。

LMR436x0-Q1 の豊富な機能セットは、広範な車載用最終機器を簡単に実装できるように設計されています。

デバイス情報
部品番号 パッケージ (1) 本体サイズ (公称)
LMR43620-Q1 VQFN-HR (9) 2.00mm × 2.00mm
LMR43610-Q1
利用可能なすべてのパッケージについては、このデータシートの末尾にある注文情報を参照してください。
GUID-20210908-SS0I-M0DH-MGRG-GFKVQRH9F3GZ-low.gif代表的なソリューション・サイズ (10mm × 10mm)
効率:VOUT = 3.3V (固定)、2.2MHz