JAJSIL3J June   2007  – July 2022 REF5010 , REF5020 , REF5025 , REF5030 , REF5040 , REF5045 , REF5050

PRODUCTION DATA  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
  4. 改訂履歴
  5. デバイス比較表
  6. ピン構成と機能
  7. 仕様
    1. 7.1 絶対最大定格
    2. 7.2 ESD 定格
    3. 7.3 推奨動作条件
    4. 7.4 熱に関する情報
    5. 7.5 電気的特性
    6. 7.6 代表的特性
  8. パラメータ測定情報
  9. 詳細説明
    1. 9.1 概要
    2. 9.2 機能ブロック図
    3. 9.3 機能説明
      1. 9.3.1 温度監視
      2. 9.3.2 温度ドリフト
      3. 9.3.3 熱によるヒステリシス
      4. 9.3.4 ノイズ特性
      5. 9.3.5 長期安定性
      6. 9.3.6 TRIM/NR ピンを使用した出力調整
    4. 9.4 デバイスの機能モード
      1. 9.4.1 基本的な接続
      2. 9.4.2 電源電圧
      3. 9.4.3 負のリファレンス電圧
  10. 10アプリケーションと実装
    1. 10.1 アプリケーション情報
    2. 10.2 代表的なアプリケーション
      1. 10.2.1 16ビット、250KSPS のデータ・アクイジション・システム
        1. 10.2.1.1 設計要件
        2. 10.2.1.2 詳細な設計手順
        3. 10.2.1.3 アプリケーション曲線
  11. 11電源に関する推奨事項
  12. 12レイアウト
    1. 12.1 レイアウトのガイドライン
    2. 12.2 レイアウト例
    3. 12.3 消費電力
  13. 13デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 13.1 ドキュメントのサポート
      1. 13.1.1 関連資料
    2. 13.2 ドキュメントの更新通知を受け取る方法
    3. 13.3 サポート・リソース
    4. 13.4 商標
    5. 13.5 用語集
  14. 14メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

ノイズ特性

REF50xx ファミリの各製品の標準的な 0.1Hz~10Hz の電圧ノイズを、Topic Link Label7.5 の表に示します。出力電圧と動作温度に応じて、ノイズ電圧が上昇します。出力ノイズ・レベルを低減するため、追加のフィルタリングを行うこともできますが、出力インピーダンスによって性能が低下しないよう注意してください。

データ・コンバータなどのミックスド・シグナル・アプリケーションでノイズを最小化し、性能を最大化する方法の詳細については、『電圧リファレンスの ADC 性能への影響、第 1 部』、『電圧リファレンスの ADC 性能への影響、第 2 部』、『電圧リファレンスの ADC 性能への影響、第 3 部』のアナログ・デザイン・ジャーナルを参照してください。

GUID-D81FCA22-E360-42D5-BF33-4549A14E834D-low.gif図 9-2 TRIM/NR ピンを使用したノイズ低減