JAJS443P August   2004  – November 2018 TL431 , TL432

PRODUCTION DATA.  

  1. 特長
  2. アプリケーション
    1.     概略回路図
  3. 概要
  4. 改訂履歴
  5. デバイス比較表
  6. ピン構成および機能
    1.     端子機能
  7. 仕様
    1. 7.1  絶対最大定格
    2. 7.2  ESD定格
    3. 7.3  熱特性
    4. 7.4  推奨動作条件
    5. 7.5  電気的特性、TL431C、TL432C
    6. 7.6  電気的特性、TL431I、TL432I
    7. 7.7  電気的特性、TL431Q、TL432Q
    8. 7.8  電気的特性、TL431AC、TL432AC
    9. 7.9  電気的特性、TL431AI、TL432AI
    10. 7.10 電気的特性、TL431AQ、TL432AQ
    11. 7.11 電気的特性、TL431BC、TL432BC
    12. 7.12 電気的特性、TL431BI、TL432BI
    13. 7.13 電気的特性、TL431BQ、TL432BQ
    14. 7.14 代表的特性
  8. パラメータ測定情報
  9. 詳細説明
    1. 9.1 概要
    2. 9.2 機能ブロック図
    3. 9.3 機能説明
    4. 9.4 デバイスの機能モード
      1. 9.4.1 開ループ(コンパレータ)
      2. 9.4.2 閉ループ
  10. 10アプリケーションと実装
    1. 10.1 アプリケーション情報
    2. 10.2 代表的なアプリケーション
      1. 10.2.1 基準電圧内蔵コンパレータ
        1. 10.2.1.1 設計要件
        2. 10.2.1.2 詳細な設計手順
          1. 10.2.1.2.1 基本動作
            1. 10.2.1.2.1.1 オーバードライブ
          2. 10.2.1.2.2 出力電圧とロジック入力レベル
            1. 10.2.1.2.2.1 入力抵抗
        3. 10.2.1.3 アプリケーション曲線
      2. 10.2.2 シャント・レギュレータ/基準電圧
        1. 10.2.2.1 設計要件
        2. 10.2.2.2 詳細な設計手順
          1. 10.2.2.2.1 出力/カソード電圧の設定
          2. 10.2.2.2.2 総合精度
          3. 10.2.2.2.3 安定性
          4. 10.2.2.2.4 起動時間
        3. 10.2.2.3 アプリケーション曲線
    3. 10.3 システム例
  11. 11電源に関する推奨事項
  12. 12レイアウト
    1. 12.1 レイアウトの注意点
    2. 12.2 レイアウト例
  13. 13デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 13.1 デバイスの項目表記
    2. 13.2 関連リンク
    3. 13.3 ドキュメントの更新通知を受け取る方法
    4. 13.4 コミュニティ・リソース
    5. 13.5 商標
    6. 13.6 静電気放電に関する注意事項
    7. 13.7 Glossary
  14. 14メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

概要

この標準デバイスは、電源から信号経路まで幅広い用途で広く普及しており高い汎用性で実績があります。これは、高精度の基準電圧付きオペアンプを含む本デバイスの主要部品に起因します。これらの主要部品は極めて基本的なアナログ・ビルディング・ブロックです。これらの主要部品を組み合わせることで、1つの基準電圧、エラー・アンプ、電圧クランプ、または基準電圧内蔵コンパレータとしてTL43xxを使うことができます。

TL43xxは2.5V~36Vのカソード電圧で動作・調整可能であるため、産業、車載、通信、コンピューティングの幅広い最終機器に最適な製品となっています。シャント・レギュレータやエラー・アンプとして使用するには、CATHODEピンに1mA (Imin(最大値))より大きい電流を供給する必要があります。この条件で、CATHODEピンとREFピンから帰還をかけることにより、内部基準電圧を複製できます。

0.5%、1%、2%の初期公差(25°C時) の基準電圧を選択可能であり、型番にはTL431またはTL432の後にB (0.5%)およびA (1.0%)が付きます。何も付かない場合の初期公差は2.0%です。TL431とTL432は、機能は同じですが、ピン配置が異なります。

TL43xxCは0°C~70°C、TL43xxIは–40°C~85°C、TL43xxQは–40°C~125°Cの温度範囲で動作が特性付けされています。