JAJY123A January   2021  – June 2022 AMC1300 , AMC1302 , AMC1302-Q1 , AMC1305M25-Q1 , AMC1306M25 , AMC1311 , AMC1311-Q1 , AMC1336 , AMC1336-Q1 , AMC1350 , AMC1411 , AMC3301 , AMC3301-Q1 , AMC3330 , AMC3330-Q1 , AMC3336 , AMC3336-Q1 , ISOW1044 , ISOW1412 , ISOW7741 , ISOW7840 , ISOW7841 , ISOW7841A-Q1 , ISOW7842 , ISOW7843 , ISOW7844 , UCC12040 , UCC12041-Q1 , UCC12050 , UCC12051-Q1 , UCC14240-Q1 , UCC21222-Q1 , UCC21530-Q1 , UCC21540 , UCC21710-Q1 , UCC21750-Q1 , UCC23513 , UCC25800-Q1 , UCC5870-Q1

 

  1.   概要
  2.   Authors
  3.   3
  4.   ガルバニック絶縁とは
  5.   高電圧ガルバニック絶縁に関する注意事項
  6.   絶縁方法
    1.     光絶縁
    2.     容量式絶縁
    3.     磁気式絶縁
    4.     ソリューションのサイズとコストを削減しながら絶縁の要求を確実に実現
    5.     EV アプリケーション
    6.     グリッド・インフラストラクチャ・アプリケーション
    7.     ファクトリ・オートメーション・アプリケーション
    8.     モーター・ドライブ・アプリケーション
  7.   まとめ
  8.   その他の資料

光絶縁

フォトカプラは、アナログおよびデジタル信号の絶縁用途に使用される IC です。この種の製品の動作原理は、LED 光源が放射した光が、空気、エポキシ、モールド樹脂という誘電型の絶縁材を介してフォトトランジスタに到達することです。表 3 を参照すると、これらの材質が最小クラスの誘電体強度であること、したがって、より高い水準の絶縁を達成するには、他の物理的な仕切りも必要であることがわかります。TI の製品ラインアップには、現在のところ光絶縁製品は含まれていません。

光の放射に伴う光子は電磁エネルギーを伝達するための最も高速な媒体であることが知られていますが、LED のスイッチング速度、順方向バイアス要件、ドライブ回路が制限要因になり、その信号レートは数 Mbps 以下にとどまります。さらに、光伝送の効率では、電源としての効果的な利用に十分な電力を伝送できないため、通常、フォトカプラはデータ伝送用にのみ使用されます。

LED 駆動回路やアンプなど、フォトカプラのパッケージ内部にある機能と組み合わせることにより、より高いデータ・レートを達成できますが、コストは上昇します。入力対出力の電流伝達率 (CTR) は、フォトカプラのゲインを表す測定値であり、時間の経過に伴って変化および低下します。設計者は時に、この経年劣化の効果を補償するために、必須のバイアス電流を意図的にオーバースペック (過剰要件) に設定することがあります。したがって、フォトカプラ全般は、静電容量式や磁気式のアイソレータより消費電力が大きい傾向があります。