コンフィギュラブル・ゲート

構成可能 (コンフィギュラブル) ロジックの採用で、部品表 (BOM) を簡素化

parametric-filter製品をすべて表示
20 種類以上の構成可能 (コンフィギュラブル) ゲートで構成された TI の製品ラインアップを活用すると、複数のパワー・グッド信号の組み合わせ、デジタル信号のイネーブル / ディスエーブル、複数のエラー信号の監視など、コンビネーション・ロジック (組み合わせロジック) に関連する一般的な課題を解決できます。搭載のデバイス・オプションを活用すると、シングル・チャネル・デバイスで最大 19 の機能を実現でき、プッシュプルと 3 ステートの各出力形式も利用可能です。

技術リソース

ビデオ
ビデオ
Combining Power Good Signals (英語)
パワー・グッド信号は、システム内の比較的長い距離にわたる配線を経由することが多く、必ずしも寄生容量を克服できるとは限りません。このビデオ (英語) は、標準ロジック・デバイスを使用した 2 つのシンプルなソリューションについて簡単に解説します。
ビデオ
ビデオ
Enable or Disable a Digital Signal (英語)
このビデオ (英語) は、ラインがディスエーブルになったときに何を出力するか (ロー信号、またはハイ・インピーダンスなど) を解説し、各機能を実行できるロジック・デバイスを識別します。
ビデオ
ビデオ
Use Fewer Inputs to Monitor Error Signals (英語)
このビデオ (英語) は、一連のエラー・フラグ出力を監視する 1 つのシステムを例示し、必要な入力数を減らす 1 つの方式を解説します。