昇降圧および反転モジュール (インダクタ内蔵)

インダクタ内蔵のモジュールを使用して、負の出力電圧を生成

parametric-filter製品をすべて表示
TI は、インダクタ内蔵型電源 IC に匹敵する密度と簡潔さで負の出力電圧を生成する、専用の反転型パワー・モジュールをいくつか提供しています。お客様が他の設計で使用した DC/DC 降圧パワー・モジュールを単純に再構成する方法で、この負電圧を生成することもできます。開発中の設計に最適な反転型モジュールを検索するか、TI のリソースを活用して、降圧モジュールを反転型に簡単に転用する方法をご確認ください。

カテゴリ別の参照

構成別に選択

専用の反転型昇降圧モジュール

これらのインダクタ内蔵型反転パワー・モジュールは、2.9V ~ 40V の入力電圧範囲に対応し、負の出力電圧を供給する専用設計を採用しています。 

反転型として再構成可能な降圧モジュール

すでに使い慣れている DC/DC 降圧モジュールを使用して負の出力電圧を容易に生成する方法や、開発開始に役立つ降圧モジュールを見つける方法をご確認ください。

技術リソース

アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
Working with Inverting Buck-Boost Converters (Rev. B)
通常の降圧レギュレータを再構成して、正の入力電圧レールから負の出力電圧レールを生成する方法をご確認ください。その結果が、反転昇降圧トポロジーの実装になります。
document-pdfAcrobat PDF
アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
Inverting Application for the TPSM53601R5H
このアプリケーション・レポートは、標準的な DC/DC 降圧モジュールを反転型アプリケーション向け用に再構成する方法を解説します。
document-pdfAcrobat PDF
アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
Using the TPSM5360x for an Inverting Buck-Boost Application
このアプリケーション・レポートは、TPSM53604 の従来型評価ボードを反転型昇降圧 (inverting buck boost:IBB) アプリケーション向けに再構成し、負の出力電圧を生成する方法を提示します。 
document-pdfAcrobat PDF

設計と開発に役立つリソース

設計ツール
を使用するカスタム設計を作成
WEBENCH® Power Designer を使用すると、要件に基づいて、カスタマイズの電源を作成できます。この環境では、エンド・ツー・エンドの電源設計機能が利用でき、設計プロセスの全フェーズを通じて時間を節約することができます。
Simulation tool
TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®
PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
Design tool
最も一般的に使用されるスイッチ・モード電源に使用可能な Power Stage Designer™ ツール
Power Stage DesignerTM は JAVA ベースのツールであり (JAVA 8 または OpenJDK 8 が必要)、ユーザーの入力に応じて 20 種類のトポロジーの電圧と電流を計算できるので、迅速な電源設計に役立ちます。さらに、Power Stage Designer は、ボード線図プロット・ツールや、電源設計を容易にすることを意図したさまざまな機能を備えたツールボックスも搭載しています。すべての計算はリアルタイムで実行されるので、新しい電源設計を開始するための最も迅速なツールとして活用できます。
  • Topology Window (トポロジー・ウィンドウ) – (...)

昇降圧および反転モジュール (インダクタ内蔵) 関連の各種リファレンス・デザイン

セレクションツールを使用すると、お客様のアプリケーションやパラメータに最適なリファレンス・デザインをご覧いただけます。