Matter

ホーム・オートメーションとビル・オートメーションを想定した、コネクテッド (ネットワーク接続型) 機器の土台

Matter とは

相互運用可能、オープン規格、セキュア、そしてシンプルにMatter は、ロイヤリティ・フリーの規格であり、互いに互換性のあるデバイスとシステムを接続できます。Matter は Thread と Wi-Fi® の各ネットワーク・レイヤで動作し、Bluetooth® Low Energy を使用してコミッショニングを実行します。Matter ソリューションは、Apple HomeKit、Google Assistant、Amazon Alexa、Samsung SmartThings などの主要なスマート・ホーム・エコシステムとの相互運用性を実現する見込みです。

接続: Matter の紹介

CSA (Connectivity Standards Alliance) は、Matter という新しい規格を導入しました。TI の複数のエキスパートが、この新しいプロトコルとそのさまざまなアプリケーションについて説明しています。

ビデオを見る

Two wireless trends that Matter in home automation (英語)

Matter が加速しているいくつかのトレンドを詳細に検討し、ホーム・オートメーション分野でこの規格がどのような方法で大きな変革をもたらす可能性があるのか考えます。

技術資料 (英語) を読む

Matter プロトコルで TI 製品を選択する理由

checkmark

業界でのリーダーシップ

TI は 10 年間にわたって CSA の主要メンバーとして行動し、Matter の開発に携わってきました。TI は Thread Group に貢献しているほか、Wi-Fi Alliance のメンバーでもあり、20 年以上にわたってコネクティビティ分野の経験を蓄積してきました。

checkmark

フレキシブルな製品ラインアップ

2.4GHz、Sub-1GHz、Wi-Fi の各コネクティビティに適した幅広いワイヤレス無線製品ラインアップから最適な製品を選定できます。適切なプロトコルと機能を選択すると、開発中のコネクティビティ・ソリューションで革新を推進できます。

checkmark

業界で最小の消費電力

温度範囲全体で 0.85μA のスタンバイ電流や、10dBm 以上の強度を確保できるクラス最高のコインセル動作などの特長を達成する TI の Thread デバイスや Matter デバイスを採用して、バッテリ動作期間を延長することができます。

checkmark

内蔵セキュリティ機能

TI の SimpleLink マイコンは、30 以上のセキュリティ・イネーブラと、Wi-Fi コネクティビティ向けのマルチレイヤ・セキュリティ・アプローチを採用しているので、データの保護とサイバー・セキュリティ攻撃への対処に役立ちます。

Matter と互換性のある TI の各種 Thread 製品

TI の SimpleLink™ 製品ラインアップは超低消費電力という特性を実現しており、Thread を土台として動作する Matter 対応デバイス向けに、高品質のワイヤレス・ハードウェアとソフトウェアを提供します。TI は、Matter に対応できる包括的な Thread エコシステムをサポートする目的で、幅広いハードウェアを提供しています。これらに該当するのは、シングルチップ使用事例向けの大容量メモリ・デバイスや、ゲートウェイ・アプリケーション用途でホスト・マイコンや MPU との組み合わせを想定して最適化を行ったワイヤレス・コプロセッサなどです。開発中のアプリケーションに適したコストで製品を選定できます。

CC2652R7

CC2652P7

CC2652R

CC2652P

概要 704KB フラッシュ搭載、SimpleLink Arm® Cortex®-M4F マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン
704KB フラッシュ搭載、パワー・アンプ内蔵、SimpleLink Arm Cortex-M4F マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン
352kB フラッシュ搭載、SimpleLink 32 ビット Arm Cortex-M4F マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン
パワー・アンプ内蔵、SimpleLink Arm Cortex-M4F マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン
プロトコル Bluetooth 5.2 Low Energy
Thread
ZigBee 3.0
Matter
Bluetooth 5.2 Low Energy
Thread
ZigBee 3.0
Matter
Bluetooth 5.2 Low Energy
Thread
ZigBee 3.0
Bluetooth 5.2 Low Energy
Thread
ZigBee 3.0
デバイスの特長
Matter SoC
Thread 無線コプロセッサ
Matter SoC
Thread 無線コプロセッサ
Thread 無線コプロセッサ Thread 無線コプロセッサ
フラッシュ・メモリ (KB) 704 704 352 352
RAM(KB) 152 152 88 88
統合型パワー・アンプ
yes
yes

Matter と互換性のある TI の各種 Wi-Fi 製品

Matter をサポートする TI の各種 Wi-Fi デバイスは、セキュリティ機能と低消費電力機能を搭載しています。これらの Wi-Fi CERTIFIED™ デバイスは、230 以上のアクセス・ポイントとの組み合わせをテスト済みであり、世界各地で堅牢性と信頼性の高いコネクティビティを確保しています。TI の各種 SimpleLink マイコンは、30 以上のセキュリティ・イネーブラと、Wi-Fi コネクティビティ向けのマルチレイヤ・セキュリティ・アプローチを採用しているので、データの保護に役立ちます。

CC3230SF

CC3235SF

CC3235MODSF

CC3235MODASF

概要 SimpleLink 32 ビット Arm Cortex-M4 2.4GHz Wi-Fi CERTIFIED ワイヤレス・マイコン SimpleLink 32 ビット Arm Cortex-M4 2.4GHz と 5GHz の Wi-Fi CERTIFIED ワイヤレス・マイコン SimpleLink 32 ビット Arm Cortex-M4 2.4GHz と 5GHz の Wi-Fi CERTIFIED™ モジュール アンテナ内蔵、SimpleLink 32 ビット Arm Cortex-M4 2.4GHz と 5GHz の Wi-Fi CERTIFIED モジュール
プロトコル Wi-Fi
Matter
Wi-Fi
Matter
Wi-Fi
Matter
Wi-Fi
Matter
デバイスの特長 Matter SoC
2.4GHz Wi-Fi SoC
Matter SoC
2.4GHz と 5GHz の Wi-Fi SoC
Matter SoC モジュール
2.4GHz と 5GHz の Wi-Fi SoC モジュール
Matter SoC モジュール
2.4GHz と 5GHz の Wi-Fi SoC モジュール
アンテナ内蔵
フラッシュ・メモリ (KB) 1024 1024 1024 1024
RAM(KB) 256 256 256 256

開発を今すぐ開始

Software development kit (SDK)
SimpleLink™ CC13xx / CC26xx ソフトウェア開発キット(SDK)

SimpleLink™ CC13xx/CC26xx ソフトウェア開発キット (SDK) は、SimpleLink CC13xx/ CC26xx の各ワイヤレス・マイコン上で Bluetooth® Low Energy、Mesh、ZigBee®、Matter、Thread、802.15.4 ベース、独自仕様、マルチプロトコルの各ソリューションをサポートする Sub-1GHz/2.4GHz アプリケーションを開発するための包括的なソフトウェア・パッケージを提供します。

SimpleLink™ CC2640R2 ソフトウェア開発キット (SDK) によるサポートが利用できます。

Software development kit (SDK)
SimpleLink™ Wi-Fi® CC32xx ソフトウェア開発キット(SDK)

SimpleLink™ Wi-Fi® CC32XX SDK には CC3220/CC3235 の各プログラマブル・マイコン向けドライバと、ソリューションの使用に必要な技術資料が付属しています。また、フラッシュ・プログラマや、ソフトウェアのフラッシュとネットワーク構成やソフトウェア・パラメータの設定(SSID、アクセス・ポイント・チャネル、ネットワーク・プロファイルなど)を行うためのコマンド・ライン・ツール、システム・ファイル、およびユーザー・ファイル(証明書、Webページなど)も含まれています。この SDK は TI の SimpleLink Wi-Fi (...)

Evaluation board
CC2652R7 SimpleLink™ マルチスタンダード・ワイヤレス・マイコン向け LaunchPad™ 開発キット

この LaunchPad™ を使用すると、Bluetooth®、Zigbee®、Thread をサポートする SimpleLink™ マルチスタンダード CC2652R7 ワイヤレス・マイコンの開発期間を短縮できます。また、SimpleLink CC13XX-CC26XX SDK (ソフトウェア開発キット) を活用し、ソフトウェア・サポートを実現することもできます。

Development kit
SimpleLink™ Wi-Fi® CC3235SF デュアル・バンド LaunchPad™ 開発キット

SimpleLink™ Wi-Fi® CC3235SF デュアル・バンド LaunchPad™ 開発キット (LAUNCHXL-CC3235SF) はシングルチップ・セキュリティ・ソリューション / ワイヤレス・マイコン (MCU) である CC3235SF を使用しています。このマイコンはユーザー・アプリケーション専用 ARM® cortex®-M4 マイコンのほか、2.4GHz/5GHz Wi-Fi、インターネット、セキュリティ・プロトコルを実行するネットワーク・プロセッサを搭載しています。LAUNCHXL-CC3235SF (...)

動作している Matter を見る

  

Matter technology demo: Unified standard for connected objects (英語)

これは、TI の SimpleLink ワイヤレス・マイコン・プラットフォームをベースとして使用する、新しい Matter 規格のデモです。Matter は、互換性のある各種デバイスやシステムを相互接続するための単一の統合接続規格を実現します。

ビデオを見る

  

Matter protocol on TI wireless MCUs (英語)

TI と標準的なスマート・ホーム・エコシステムの間に暫定的な相互運用性があることを提示します。TI がどのような方法で Matter を具体化しているのかご覧ください。このビデオは、スマート・ホーム・デバイスの寿命について解説します。

ビデオを見る

  

Connecting smart homes with Matter (英語)

このデモは、今後登場する見込みの Matter プロトコルを使用している Thread を土台として、ホーム・オートメーション・ネットワークの標準的なビルディング・ブロックを使用します。また、TI の SimpleLink ワイヤレス・マイコン・プラットフォームを使用して、コミッショニング、デバイス検出、制御を行います。

ビデオを見る

技術リソース

技術記事
技術記事
Getting started with Matter over Wi-Fi (英語)
このクイック・スタート・ガイド (英語) は、Wi-Fi ネットワークをセットアップし、Matter を動作させる方法をステップバイステップ形式で紹介します。
技術記事
技術記事
Getting started with Matter over Thread (英語)
このクイック・スタート・ガイド (英語) は、Thread ネットワークを土台とし、Matter ネットワークをセットアップして動作させる方法をステップバイステップ形式で紹介します。
技術記事
技術記事
Matter 規格に関する FAQ (よくある質問)
この FAQ (よくある質問) は、Matter に関する質問に取り組むほか、開発を早期に開始する方法について説明します。