ISO7242A は生産中止予定です
以下の代替品のいずれかをご検討ください。
open-in-new 代替品と比較
比較対象デバイスにアップグレード機能を搭載した、ドロップ・イン代替製品
ISO6742 アクティブ 汎用、クワッドチャネル、2/2、デジタル・アイソレータ Higher isolation rating and higher CMTI
ISO7742 アクティブ 信頼性の高い EMC 特性、クワッドチャネル、2/2、強化絶縁型デジタル・アイソレータ Pin-to-pin upgrade with higher isolation, stronger CMTI, wider supply range and better immunity and robustness

製品詳細

Rating Catalog Integrated isolated power No Number of channels 4 Forward/reverse channels 2 forward / 2 reverse Default output High Data rate (max) (Mbps) 1 Withstand isolation voltage (VISO) (Vrms) 2500 Operating temperature range (°C) -40 to 125 Supply voltage (max) (V) 5 Supply voltage (min) (V) 3.3
Rating Catalog Integrated isolated power No Number of channels 4 Forward/reverse channels 2 forward / 2 reverse Default output High Data rate (max) (Mbps) 1 Withstand isolation voltage (VISO) (Vrms) 2500 Operating temperature range (°C) -40 to 125 Supply voltage (max) (V) 5 Supply voltage (min) (V) 3.3
SOIC (DW) 16 106.09 mm² 10.3 x 10.3
  • 信号レート・オプション:1Mbps、25Mbps、 150Mbps
    • 低チャネル間出力スキュー:最大1ns
    • 低パルス幅歪(PWD):最大2ns
    • 低ジッタ成分:標準1ns(150Mbps時
  • 定格動作電圧で標準寿命25年(アプリケーション・ノートSLLA197 および図14を参照)
  • 4000Vpeakの絶縁耐圧、560Vpeakの動作耐電圧
  • UL 1577に適合
  • 4kV のESD保護
  • 3.3Vまたは5V電源で動作
  • 高電磁耐量(アプリケーション・レポート SLLA181を参照)
  • 動作温度:–40°C~125°C
  • APPLICATIONS
    • 産業用フィールドバス
    • コンピュータ周辺インターフェイス
    • サーボ制御インターフェイス
    • データ・アクイジション

  • 信号レート・オプション:1Mbps、25Mbps、 150Mbps
    • 低チャネル間出力スキュー:最大1ns
    • 低パルス幅歪(PWD):最大2ns
    • 低ジッタ成分:標準1ns(150Mbps時
  • 定格動作電圧で標準寿命25年(アプリケーション・ノートSLLA197 および図14を参照)
  • 4000Vpeakの絶縁耐圧、560Vpeakの動作耐電圧
  • UL 1577に適合
  • 4kV のESD保護
  • 3.3Vまたは5V電源で動作
  • 高電磁耐量(アプリケーション・レポート SLLA181を参照)
  • 動作温度:–40°C~125°C
  • APPLICATIONS
    • 産業用フィールドバス
    • コンピュータ周辺インターフェイス
    • サーボ制御インターフェイス
    • データ・アクイジション

ISO7240、ISO7241、およびISO7242は、複数のチャネル構成および出力イネーブル機能を備えたクワッド・チャネル・デジタル・アイソレータです。ロジック入力とロジック出力バッファが、TIの二酸化ケイ素(SiO2)絶縁バリアによって分離されています。絶縁型の電源と組み合わせて使用することで、高電圧をブロックし、グランドを絶縁することで、ノイズ電流がローカル・グランドに流れ込んだり、干渉したり、敏感な回路に損傷を及ぼしたりすることを防止できます。

ISO7240では4つのチャネルがすべて同じ方向に配置され、ISO7241では3つのチャネルが同じ方向、1つのチャネルが反対方向に配置されています。ISO7242では、各方向に2つずつチャネルが配置されています。

AおよびCオプションのデバイスは、TTL入力のスレッシュホールドとノイズフィルタを持ち、過渡パルスがデバイス出力に伝わるのを防ぎます。MオプションのデバイスはCMOSのVcc/2入力スレッシュホールドを持ちますが、入力ノイズ・フィルタが無く、伝播遅延は大きくなりません。

周期的に“update pulse”がバリアに対して送られ、正しいDCレベルを出力で維持します。この“DC-update pulse”が受信されない場合、入力が無通電状態またはアクティブに駆動されていないと判断され、フェイルセーフ回路によって出力を“High”にします。(ISO7240CF(SLLS869)を参照していただくか“Low”のフェイルセーフ・オプションについては、TIまでご相談ください)。

入出力側とも3.3Vまたは5V電源を使用でき、3.3V/3.3V、5V/5V、5V/3.3V、3.3V/5Vのいずれかの組み合わせで動作できます。使用される電源電圧レベルに関わらず、信号入力ピンは5V\x83\x88レラントです。

各デバイスの動作は、周囲温度–40°C~125°Cの範囲で仕様が規定されています。

ISO7240、ISO7241、およびISO7242は、複数のチャネル構成および出力イネーブル機能を備えたクワッド・チャネル・デジタル・アイソレータです。ロジック入力とロジック出力バッファが、TIの二酸化ケイ素(SiO2)絶縁バリアによって分離されています。絶縁型の電源と組み合わせて使用することで、高電圧をブロックし、グランドを絶縁することで、ノイズ電流がローカル・グランドに流れ込んだり、干渉したり、敏感な回路に損傷を及ぼしたりすることを防止できます。

ISO7240では4つのチャネルがすべて同じ方向に配置され、ISO7241では3つのチャネルが同じ方向、1つのチャネルが反対方向に配置されています。ISO7242では、各方向に2つずつチャネルが配置されています。

AおよびCオプションのデバイスは、TTL入力のスレッシュホールドとノイズフィルタを持ち、過渡パルスがデバイス出力に伝わるのを防ぎます。MオプションのデバイスはCMOSのVcc/2入力スレッシュホールドを持ちますが、入力ノイズ・フィルタが無く、伝播遅延は大きくなりません。

周期的に“update pulse”がバリアに対して送られ、正しいDCレベルを出力で維持します。この“DC-update pulse”が受信されない場合、入力が無通電状態またはアクティブに駆動されていないと判断され、フェイルセーフ回路によって出力を“High”にします。(ISO7240CF(SLLS869)を参照していただくか“Low”のフェイルセーフ・オプションについては、TIまでご相談ください)。

入出力側とも3.3Vまたは5V電源を使用でき、3.3V/3.3V、5V/5V、5V/3.3V、3.3V/5Vのいずれかの組み合わせで動作できます。使用される電源電圧レベルに関わらず、信号入力ピンは5V\x83\x88レラントです。

各デバイスの動作は、周囲温度–40°C~125°Cの範囲で仕様が規定されています。

ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
7 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート 4 チャネル・デジタル・アイソレータ データシート 最新の英語版をダウンロード (Rev.E) PDF | HTML 2008年 9月 18日
アプリケーション・ノート Digital Isolator Design Guide (Rev. G) PDF | HTML 2023年 9月 13日
証明書 VDE Certificate for Basic Isolation for DIN EN IEC 60747-17 (Rev. U) 2023年 2月 7日
証明書 UL Certificate of Compliance File E181974 Vol 4 Sec 1 (Rev. A) 2022年 8月 5日
証明書 CSA Certification (Rev. Q) 2021年 6月 14日
Analog Design Journal 4Q 2010 Issue Analog Applications Journal 2010年 11月 15日
Analog Design Journal Interfacing high-voltage applications to low-power controllers 2010年 11月 15日

設計および開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

シミュレーション・モデル

ISO7242 IBIS Model (Rev. D)

SLLC347D.ZIP (13 KB) - IBIS Model
リファレンス・デザイン

TIDM-SOLAR-DCDC — C2000™ MCU solar DC/DC converter with Maximum Power Point Tracking (MPPT) reference design

このデザインは、最大電力点追従 (MPPT) によるデジタル制御されたソーラー DC/DC コンバータであり、セントラルまたはストリング・ソーラー・インバータでの使用に適しています。これは、TIDM-SOLAR-ONEPHINV、グリッド結合形式の単相 DC/AC インバータ向けコンパニオンです。TIDM-SOLAR-DCDC と TIDM-SOLAR-ONEPHINV を組み合わせると、セントラルまたはストリングのトポロジーに対応するソーラー・インバータを製作できます。  このソーラー DC/DC コンバータは、MPPT 向け 2 相インターリーブ昇圧コンバータおよび絶縁機能を使用する共振 (...)
回路図: PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (DW) 16 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材料 (内容)
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ