ホーム インターフェイス 複数の CAN トランシーバ
NEW

TCAN1465-Q1

プレビュー

車載対応、選択式のウェークアップ機能を通じた部分的なネットワーク有効化機能搭載、信号改良対応 CAN トランシーバ

製品詳細

Protocols CAN, CAN FD, CAN SIC Number of channels 1 Supply voltage (V) 5 to 28 Bus fault voltage (V) -58 to 58 Signaling rate (max) (Bits) 5000000 Rating Automotive
Protocols CAN, CAN FD, CAN SIC Number of channels 1 Supply voltage (V) 5 to 28 Bus fault voltage (V) -58 to 58 Signaling rate (max) (Bits) 5000000 Rating Automotive
SOIC (D) 14 51.9 mm² 8.65 x 6 VSON (DMT) 14 13.5 mm² 4.5 x 3
  • AEC-Q100:車載アプリケーション認定済み
  • ISO 11898-2:2024 付則 A および CiA 601-4 規格の信号改善対応 CAN FD トランシーバの要件に適合
  • エラー フリーの Classic CAN または CAN FD データの送受信で選択的ウェイクとパーシャル ネットワークをサポート
  • 最高 8Mbps の CAN FD 通信レート
  • 機能安全品質管理:TCAN1469-Q1
  • 機能安全対応:TCAN1465-Q1
  • TCAN146x-Q1 は 1.8V~5V (公称値) のプロセッサ IO 電圧をサポート
  • 広い動作範囲:
    • ±58V のバス フォルト保護
    • ±12V 同相
  • TCAN1469-Q1 は以下をサポート:
    • ウォッチドッグ:タイムアウト、ウィンドウ、Q&A
    • バス フォルト診断および報告
    • プログラム可能な INH/LIMP ピン
  • 14 ピン SOIC、VSON、SOT23 パッケージ
    • 自動光学検査 (AOI) 性能を向上させた VSON パッケージ
  • AEC-Q100:車載アプリケーション認定済み
  • ISO 11898-2:2024 付則 A および CiA 601-4 規格の信号改善対応 CAN FD トランシーバの要件に適合
  • エラー フリーの Classic CAN または CAN FD データの送受信で選択的ウェイクとパーシャル ネットワークをサポート
  • 最高 8Mbps の CAN FD 通信レート
  • 機能安全品質管理:TCAN1469-Q1
  • 機能安全対応:TCAN1465-Q1
  • TCAN146x-Q1 は 1.8V~5V (公称値) のプロセッサ IO 電圧をサポート
  • 広い動作範囲:
    • ±58V のバス フォルト保護
    • ±12V 同相
  • TCAN1469-Q1 は以下をサポート:
    • ウォッチドッグ:タイムアウト、ウィンドウ、Q&A
    • バス フォルト診断および報告
    • プログラム可能な INH/LIMP ピン
  • 14 ピン SOIC、VSON、SOT23 パッケージ
    • 自動光学検査 (AOI) 性能を向上させた VSON パッケージ

TCAN146x-Q1 は、ISO 11898-2:2024 付則 A 高速 CAN 仕様と CiA 601-4 信号改善 (SIC) 仕様の物理層要件を満たす拡張高速 CAN FD トランシーバ ファミリです。最大 8Mbps のデータ レートをサポートします。これらのデバイスは、シリアル ペリフェラル インターフェイス (SPI) を使って設定することで、すべての機能を利用できます。VIO ピンに適切な電圧を印加することで 1.8V~5V (公称値) のプロセッサ IO 電圧に対応できるため、低消費電力プロセッサを使用できます。

これらのトランシーバは選択的ウェイクをサポートしています (WUF 識別に基づいてウェイクアップできます)。この機能により、システムにパーシャル ネットワークを実装し、アクティブ状態のノード数が少ない状態で動作させることができます (残りのノードは低消費電力スリープ モードに留まります)。選択的ウェイク付きトランシーバ機能は ISO 11898-2:2024 規格の仕様を満たしています。

TCAN1469-Q1 は、ウォッチドッグと先進バス診断をサポートするフル機能のデバイスです。デバッグを簡単にするため、先進バス フォルト診断および通信機能を使用して特定のバス フォルトを判定できます。

TCAN146x-Q1 は、拡張高速 CAN FD SIC トランシーバ ファミリです。これらのデバイスは、本ファミリのトランシーバおよび TCAN114x-Q1 ファミリの CAN FD パーシャル ネットワーク対応トランシーバとレジスタ互換です。システム設計者は TCAN146x-Q1 ファミリのデバイスを使用することで、ハードウェアを変更せず、ソフトウェアの変更を最小限に抑えて柔軟に機能を実装できます。TCAN1469-Q1 の禁止 (INH) ピンは、ノード電力を有効にするために使えます。または、ウォッチドッグ エラーが発生した際のリンプ ホーム ピンとして構成できます。

TCAN146x-Q1 は、ISO 11898-2:2024 付則 A 高速 CAN 仕様と CiA 601-4 信号改善 (SIC) 仕様の物理層要件を満たす拡張高速 CAN FD トランシーバ ファミリです。最大 8Mbps のデータ レートをサポートします。これらのデバイスは、シリアル ペリフェラル インターフェイス (SPI) を使って設定することで、すべての機能を利用できます。VIO ピンに適切な電圧を印加することで 1.8V~5V (公称値) のプロセッサ IO 電圧に対応できるため、低消費電力プロセッサを使用できます。

これらのトランシーバは選択的ウェイクをサポートしています (WUF 識別に基づいてウェイクアップできます)。この機能により、システムにパーシャル ネットワークを実装し、アクティブ状態のノード数が少ない状態で動作させることができます (残りのノードは低消費電力スリープ モードに留まります)。選択的ウェイク付きトランシーバ機能は ISO 11898-2:2024 規格の仕様を満たしています。

TCAN1469-Q1 は、ウォッチドッグと先進バス診断をサポートするフル機能のデバイスです。デバッグを簡単にするため、先進バス フォルト診断および通信機能を使用して特定のバス フォルトを判定できます。

TCAN146x-Q1 は、拡張高速 CAN FD SIC トランシーバ ファミリです。これらのデバイスは、本ファミリのトランシーバおよび TCAN114x-Q1 ファミリの CAN FD パーシャル ネットワーク対応トランシーバとレジスタ互換です。システム設計者は TCAN146x-Q1 ファミリのデバイスを使用することで、ハードウェアを変更せず、ソフトウェアの変更を最小限に抑えて柔軟に機能を実装できます。TCAN1469-Q1 の禁止 (INH) ピンは、ノード電力を有効にするために使えます。または、ウォッチドッグ エラーが発生した際のリンプ ホーム ピンとして構成できます。

ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
1 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TCAN146x-Q1 部分的なネットワーク有効化機能搭載、Enhanced CAN FD SIC トランシーバ データシート PDF | HTML 英語版をダウンロード PDF | HTML 2022年 2月 4日

設計および開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

評価ボード

TCAN1145EVM — TCAN1145-Q1 CAN transceiver with watchdog and partial networking evaluation module

This EVM can be used to evaluate the TLIN114x family of devices. The CAN bus is easily accessed via test points, the J7 header, and a DSUB9 connector, standard in a lot of automotive applications for cabling. All pins are available through headers or test points. There is an integrated USB2ANY (...)
ユーザー・ガイド: PDF
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー・ガイド: PDF
英語版をダウンロード (Rev.A): PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 14 オプションの表示
VSON (DMT) 14 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材料 (内容)
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ フォーラムでは、TI のエンジニアからの技術サポートが活用可能

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ