製品詳細

Type Omnipolar switch Supply voltage (Vcc) (Min) (V) 1.65 Supply voltage (Vcc) (Max) (V) 5.5 Operate point (Max) (mT) 16 Release point (Min) (mT) 0.7 Output Push-pull output driver Operating temperature range (C) -40 to 125
Type Omnipolar switch Supply voltage (Vcc) (Min) (V) 1.65 Supply voltage (Vcc) (Max) (V) 5.5 Operate point (Max) (mT) 16 Release point (Min) (mT) 0.7 Output Push-pull output driver Operating temperature range (C) -40 to 125
SOT-23 (DBV) 6
  • BOP を 2mT~15mT で調整可能
    • 2kΩ~15kΩ の抵抗
    • または 160mV~1200mV の電圧源を使用
  • オムニポーラ のホール・スイッチ
  • プッシュプル出力
  • 低い消費電力
    • 20Hz バージョン:1.4µA (3V の場合)
  • 1.65V~5.5V の VCC 範囲で動作
  • 業界標準のパッケージとピン配置
    • SOT-23 パッケージ
  • -40℃~+125℃の動作温度範囲
  • BOP を 2mT~15mT で調整可能
    • 2kΩ~15kΩ の抵抗
    • または 160mV~1200mV の電圧源を使用
  • オムニポーラ のホール・スイッチ
  • プッシュプル出力
  • 低い消費電力
    • 20Hz バージョン:1.4µA (3V の場合)
  • 1.65V~5.5V の VCC 範囲で動作
  • 業界標準のパッケージとピン配置
    • SOT-23 パッケージ
  • -40℃~+125℃の動作温度範囲

TMAG5328 デバイスは、高精度、低消費電力、抵抗で調整可能、低電圧で動作するホール・エフェクト・スイッチ・センサです。

外付け抵抗 により、デバイスが動作する BOP の値を設定します。簡単な式によって、適切な BOP の値を設定するために必要な抵抗値を容易に計算できます。ヒステリシスの値は固定であるため、 BRP の値は BOP-ヒステリシスとして定義されます。

この調整可能なスレッショルド機能により、 TMAG5328 は、簡単で迅速なプロトタイピング、設計から市場投入までの期間短縮、異なるプラットフォーム間での再利用、予想外の変更に備えた直前の修正を可能にします。

印加されている磁束密度が BOP スレッショルドを超えると、デバイスは LOW 電圧を出力します。出力は、磁束密度が BRP を下回るまで LOW のまま維持され、下回ると HIGH 電圧に駆動されます。このデバイスには発振器が内蔵されており、費電流を最小限に抑えるため、20Hzで磁界をサンプリングして出力を更新します。オムニポーラ の磁気応答が用意されています。

このデバイスは、1.65V~5.5V の VCC 範囲で動作し、 標準の SOT-23-6 パッケージで供給されます。

TMAG5328 デバイスは、高精度、低消費電力、抵抗で調整可能、低電圧で動作するホール・エフェクト・スイッチ・センサです。

外付け抵抗 により、デバイスが動作する BOP の値を設定します。簡単な式によって、適切な BOP の値を設定するために必要な抵抗値を容易に計算できます。ヒステリシスの値は固定であるため、 BRP の値は BOP-ヒステリシスとして定義されます。

この調整可能なスレッショルド機能により、 TMAG5328 は、簡単で迅速なプロトタイピング、設計から市場投入までの期間短縮、異なるプラットフォーム間での再利用、予想外の変更に備えた直前の修正を可能にします。

印加されている磁束密度が BOP スレッショルドを超えると、デバイスは LOW 電圧を出力します。出力は、磁束密度が BRP を下回るまで LOW のまま維持され、下回ると HIGH 電圧に駆動されます。このデバイスには発振器が内蔵されており、費電流を最小限に抑えるため、20Hzで磁界をサンプリングして出力を更新します。オムニポーラ の磁気応答が用意されています。

このデバイスは、1.65V~5.5V の VCC 範囲で動作し、 標準の SOT-23-6 パッケージで供給されます。

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン配置が異なる製品。
DRV5032 アクティブ 低消費電力 (5Hz 時に 1μA 未満)、低電圧 (最大 5.5V) スイッチ Offered in various packages and an ultra-low-power consumption option
NEW TMAG5231 アクティブ 低消費電力、低電圧 (1.65V ~ 5.5V) のホール・エフェクト・スイッチ Offered in industry standard SOT-23 package and designed to optimize system cost

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
8 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TMAG5328 抵抗調整可能、低消費電力、ホール・エフェクト・スイッチ データシート PDF | HTML 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) PDF | HTML 2020年 8月 20日
アプリケーション・ノート Position Sensing in Electronic Smart Locks using Hall-Effect Sensors PDF | HTML 2022年 6月 30日
その他の技術資料 ホール効果センサの概要 PDF | HTML 英語版をダウンロード PDF | HTML 2022年 4月 13日
アプリケーション・ノート How Hall-Effect Sensors are Being Used in Electronic Smart Locks PDF | HTML 2022年 3月 23日
ユーザー・ガイド TMAG5328EVM User's Guide (Rev. A) PDF | HTML 2022年 3月 14日
アプリケーション・ノート HMI Rocker Switch with Hall-Effect Switches PDF | HTML 2022年 1月 21日
ユーザー・ガイド TMAG5328 Linear Head on Travel Attachment PDF | HTML 2021年 12月 9日
証明書 TMAG5328EVM EU RoHS Declaration of Conformity (DoC) 2021年 8月 9日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

TMAG5328EVM — TMAG5328 抵抗で調整可能、低消費電力のホール効果スイッチの評価基板

この評価基板 (EVM) は、抵抗で調整可能な低消費電力ホール効果スイッチである TMAG5328 デバイスの主な機能と性能を評価するための使いやすいプラットフォームです。この評価基板 (EVM) は、1 個の磁気素子と 1 枚の TMAG5328 ドーター・ボードを採用しています。正面リニア変位機能のデモに適した、正面リニア変位モジュールも付属しています。
計算ツール

Magnetic Sensing Proximity Tool (Rev. E) Magnetic Sensing Proximity Tool (Rev. E)

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-23 (DBV) 6 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ