ワイヤレス・セル監視回路 (CSC) パッシブ・セル・バランシング機能

ブロック図

概要

TI の IC とリファレンス・デザインは、高電圧バッテリ・スタックの高精度監視と全般的な制御を実施できるワイヤレス・セル監視回路 (CSC) パッシブ・セル・バランシング機能の設計と製作に役立ちます。

設計要件

ワイヤレス・セル監視回路 (CSC) パッシブ・セル・バランシング機能の一般的な設計要件:

  • セル・レベルでの電圧測定と温度測定の分解能。
  • パック・レベルでの高精度の電流センス。
  • 最高の安全性レベルでシステムを実装できるように、システム冗長性に関する最新のアーキテクチャに対応。
  • ブロック図

    システムに適した製品やリファレンスデザインを検索

    技術資料

    すべて表示 4
    結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
    種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
    Technical articles Inductive sensing: setting the sensor current-drive without a fancy impedance analyzer 2016年 3月 24日
    Technical articles How to get started with current sense amplifiers – part 3 2015年 7月 9日
    Technical articles Inductive sensing: How far can I sense? 2015年 6月 17日
    Technical articles Frequency references: Crystal oscillator operation and specs 2013年 11月 20日

    サポートとトレーニング

    TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

    コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

    TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

    ビデオ