text.skipToContent text.skipToNavigation
warning Internet Explorer ではこのページのロードが遅くなることがあります。 Internet Explorer ではこのページのコンテンツのロードが遅くなることがあります。速く表示するには、Chrome または Firefox をご使用ください。

J721EXSOMG01EVM

TDA4VM & DRA829V システム・オン・モジュール

価格


数量 価格 (USD)
1+ 400.0

J721EXSOMXEVM の特徴

  • TDA4VM/DRA829V (J721 E) processor
  • Optimized power solution (PMIC)
  • DRAM, LPDDR4‐3733, 4GByte total memory, support inline ECC
  • Octal‐SPI NOR flash, 512Mb memory (8bit)
  • HyperFlash + HyerRAM, 512Mb flash memory + 256Mb RAM

J721EXSOMXEVM に関する概要

The J721EXSOMG01EVM system-on-module—when paired with the J721EXPCP01EVM common processor board—lets you evaluate TDA4VM and DRA829V processors in vision analytics and networking applications throughout automotive and industrial markets. These processors perform particularly well in surround view camera and automated parking applications, as well as in vehicle compute gateway applications where software-as-a-service models are deployed.

TDA4VM and DRA829V processors have a powerful, heterogeneous architecture that includes a mix of fxed and foating-point DSP cores, Arm® Cortex®-A72 cores, matrix math acceleration for machine learning, integrated ISP and vision processing acceleration, 2D and 3D GPU cores, and H.264 encode/H.265 decode acceleration.

An integrated Safety MCU includes dual-lockstep R5F cores that help the system achieve ASIL-D level certication and integrated peripherals allow for multi-camera input via CSI-2 ports, vehicle connectivity based on PCI Express, CAN-FD and Gigabit Ethernet, and display connectivity via DSI interfaces. Gigabit Ethernet and PCIe switches are also available.

The EVM is supported by Processor SDK-Vision, which includes foundational drivers, compute and vision kernels, and example application frameworks and demonstrations that show you how to take advantage of the powerful, heterogeneous architecture of Jacinto 7 processors.

キャリア・オプション

パーツの数量に応じて、リール全体、カスタム・リール、カット・テープ、チューブ、トレイなどのキャリア・オプションが選択できます。

カスタム・リールとは、1 本のリールからカットした一定の長さのテープのことです。それにより、ご注文時の正確な数量をプラスチック製リールに取り付けた形態で、ロット・コードと日付コードのトレーサビリティが維持できます。業界標準に従い、真鍮製のスペーサーを使用し、カット済みテープの両側に 1 本の 18 インチ (45cm) フラット・リーダー (先行) テープと、1 本の 18 インチ (45cm) フラット・トレーラ (後続) テープを取り付けた状態であり、自動アセンブリ・マシンに直接供給することができます。カスタム・リールをご注文になった場合、リール処理料金がかかります。

カット・テープとは、リールから切り離した一定の長さのテープのことです。ご注文の数量にするために、TI は納品時に複数のカット・テープまたは複数のボックスに分割することがあります。TI は多くの場合、 チューブトレイ 梱包デバイスを、ボックス、またはチューブやトレイに梱包した形態で出荷します。すべてのテープ、チューブ、またはサンプル・ボックスは、TI 社内の静電気放電 (ESD) 保護と湿度感度レベル (MSL) 保護の要件に従って梱包してあります。

詳細はこちら

ロットと日付コードの選択が可能な場合があります

Add a quantity to your cart and begin the checkout process to view the options available to select lot or date codes from existing inventory.

詳細はこちら