text.skipToContent text.skipToNavigation
TI.com では Internet Explorer をサポートしていません。環境や使いやすさを最適化するために、他のブラウザの使用をお願いいたします。

LAUNCHXL-F28069M

C2000 Piccolo マイコン F28069M 向けの LaunchPad™ 開発キット

在庫: 在庫あり
24.99

価格

数量 価格 (USD)
1+ 24.99

LAUNCHXL-F28069M の特徴

ハードウェアの特長

  • USB 接続の絶縁型 XDS100v2 JTAG デバッグ・プローブにより、リアルタイム・デバッグとフラッシュ・プログラミング(書き込み)に対応
  • 4 個の 20 ピン・ヘッダ/コネクタ
  • プログラマブル・ボタンと LED
  • TMS320F28069M:90MHz C28x CPU、256KB フラッシュ、InstaSPIN-FOC / InstaSPIN-MOTION 対応、12 ビット ADC、CAN、2 個のエンコーダ・インターフェイス(eQEP)、UART、SPI など
  • 2 個の BoosterPack をサポート
  • 2 個のエンコーダ・インターフェイス・コネクタ
  • 絶縁型 CAN トランシーバ・コネクタ
  • ハードウェア・ファイルは boards\LaunchPads\LAUNCHXL_F28069M のC2000Ware に搭載
ソフトウェアの特長

推奨 BoosterPack


設計を開始
  • InstaSPIN 向け
    • MotorWareをのダウンロードし、インストールします。
      • MotorWare.exe を実行します。
      • リソースを参照し、F28069M LaunchPad と各種 BoosterPack 向けの Readme First を確認します。
      • Training à InstaSPIN Projects と Labs User’s Guide の説明に従います。
    • MotorWare プロジェクトを実装するための無償 GUI をインストールします。
    • 6 部構成のトレーニング・シリーズを視聴するか、他のトレーニング を検索します。
    • InstaSPIN e2e forum で TI C2000 について質問できます。
  • InstaSPIN 以外の用途向け
    • Code Composer Studio IDE と controlSUITE をインストールします。
    • 付属の mini-USB ケーブルを使用して LaunchPad をコンピュータに接続します。
    • 選択したシリアル端末プログラム(Putty や HyperTerm など)を開き、115,200 ボー、8 ビット・データ、パリティなし、1 ビット・ストップ・ビットで LaunchPad の仮想 COM ポートにアクセスするように構成します。コンピュータの「デバイス・マネージャ」を開くと、COM ポート番号が見つかります。
      • XDS200v2 の 2 番目のポートがシリアル・ポートであることを確認します。構成の詳細についてはXDS100 Wikiをご覧ください。
    • コンピュータに接続すると LaunchPad の電源が入り、赤と青の LED が約 3 秒間点滅します。LED の点滅終了後、LaunchPad は温度測定モードに移行します。
    • スタートアップ時に参照温度が記録され、保存されます。1 秒間隔で温度がサンプリングされ、参照温度と比較されます。
      • 温度が上昇していた場合、赤の LED(D9)が点灯し、参照温度に比べ温度が 1℃ 上がるごとに輝度が増加します。
      • 逆に、温度が低下していた場合、青の LED(D10)が点灯し、参照温度に比べ温度が 1℃ 下がるごとに輝度が増加します。
    • シリアル・ターミナルは最新の温度読み取り値を表示します。
    • controlSUITE に付属している他のサンプルのビルドとロードを行います。
    • e2e forum で TI C2000 について質問できます。

LAUNCHXL-F28069M に関する概要

この LaunchPad を使用した開発の手順:
ステップ 1:C2000 MCU F28069M LaunchPad を購入
ステップ 2:「設計を開始」を確認
LAUNCHXL-F28069M はさまざまなプラグオン BoosterPack と互換性のある TI のマイコン LaunchPad エコシステムF2806x シリーズInstaSPIN-FOC / InstaSPIN-MOTION 対応 F2806x シリーズ向けの低コスト評価 / 開発ツールです。LaunchPad の拡張バージョンで、2 個の BoosterPack の接続をサポートします。LaunchPad はアプリケーション開発の際に、標準化された使いやすいプラットフォームを提供します。

在庫: 在庫あり
24.99

価格

数量 価格 (USD)
1+ 24.99

キャリア・オプション

パーツの数量に応じて、リール全体、カスタム・リール、カット・テープ、チューブ、トレイなどのキャリア・オプションが選択できます。

カスタム・リールとは、1 本のリールからカットした一定の長さのテープのことです。それにより、ご注文時の正確な数量をプラスチック製リールに取り付けた形態で、ロット・コードと日付コードのトレーサビリティが維持できます。業界標準に従い、真鍮製のスペーサーを使用し、カット済みテープの両側に 1 本の 18 インチ (45cm) フラット・リーダー (先行) テープと、1 本の 18 インチ (45cm) フラット・トレーラ (後続) テープを取り付けた状態であり、自動アセンブリ・マシンに直接供給することができます。カスタム・リールをご注文になった場合、リール処理料金がかかります。

カット・テープとは、リールから切り離した一定の長さのテープのことです。ご注文の数量にするために、TI は納品時に複数のカット・テープまたは複数のボックスに分割することがあります。TI は多くの場合、 チューブトレイ 梱包デバイスを、ボックス、またはチューブやトレイに梱包した形態で出荷します。すべてのテープ、チューブ、またはサンプル・ボックスは、TI 社内の静電気放電 (ESD) 保護と湿度感度レベル (MSL) 保護の要件に従って梱包してあります。

詳細はこちら

ロットと日付コードの選択が可能な場合があります

Add a quantity to your cart and begin the checkout process to view the options available to select lot or date codes from existing inventory.

詳細はこちら