C2000 Piccolo マイコン向け F280049C LaunchPad™ 開発キット

(供給中) LAUNCHXL-F280049C

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


主なドキュメント
Download - PDF Icon

概要

LAUNCHXL-F280049C はさまざまなプラグオン BoosterPack と互換性のある TI のマイコン LaunchPad エコシステムの 1 つで、Piccolo F28004x シリーズInstaSPIN-FOC 機能搭載)向けの低コストの評価 / 開発ツールです。LaunchPad の拡張バージョンであり、2 個の BoosterPack の接続をサポートします。LaunchPad はアプリケーション開発の際に、標準化された使いやすいプラットフォームを提供します。

特長

ハードウェアの特長

  • TMS320F280049C:FPU と TMU 搭載の 100MHz C28x CPU、256KB フラッシュ、InstaSPIN-FOC 対応、3 個の 12 ビット ADC、CAN、エンコーダ、FSI、UART など
  • リアルタイム・デバッグとフラッシュ・プログラミングのためのオンボード XDS110 デバッグ・プローブ
  • BoosterPack エコシステムを使用した 80 ピン LaunchPad
  • リアルタイム・デバッグとフラッシュ・プログラミング向けに電力ドメインを絶縁
  • 絶縁型 CAN トランシーバ
  • 2 個のエンコーダ・インターフェイス・コネクタ
  • FSI インターフェイス・コネクタ

ソフトウェアの特長

推奨 BoosterPack

  • 新しい 3 相モーター制御 BoosterPack を近日公開予定
  • 互換 BoosterPack のインタラクティブなリストを提供するTI BoosterPack Checker 

設計を開始

  • InstaSPIN 向け
    • 近日公開予定
  • InstaSPIN 以外の用途向け
    • Code Composer Studio IDE と C2000Ware をインストールします。
    • 付属の Micro USB ケーブルを使用して LaunchPad をコンピュータに接続します。
    • シリアル端末プログラム(Putty や HyperTerm など)を開き、115,200 ボー、8 ビット・データ長、パリティなし、1 ビット・ストップ・ビットで LaunchPad の仮想 COM ポートにアクセスするように構成します。コンピュータの「デバイス・マネージャ」を開くと、COM ポート番号が見つかります
    • XDS110 の 2 番目のポートがシリアル・ポートであることを確認します。構成の詳細については XDS110 Wiki をご覧ください。
  • コンピュータに接続すると LaunchPad に電力が供給され、赤と青の LED が約 3秒間点滅します。LED の点滅が終了すると、LaunchPad は ADC のサンプリング・モードに移行します。
  • ADCINA5(BoosterPack ヘッダの 23 ピン)に基づいて、ADC の最新サンプリング読み取り値が 1 秒ごとに表示されます。
    • サンプリングの値がミッドスケール(1.5V / 2048)未満の場合、緑の LED(LED5)が点灯します。
    • サンプリングの値がミッドスケールを超える場合、赤の LED(LED4)が点灯します。
  • C2000Ware に付属している他のサンプルのビルドとロードを行います。
  • TI C2000 に関する質問はe2e forumをご利用ください。

製品内容

  • Piccolo F280049C Launchpad
  • Micro USB cable
  • Quick Start Guide

注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 オーダー・オプション 供給状況

LAUNCHXL-F280049C:
InstaSPIN-FOC 対応、C2000 Piccolo マイコン F280049C LaunchPad 開発キット

$30.00(USD)


価格は各社サイトをご覧ください



ACTIVE
技術資料
ユーザー・ガイド (3)
タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 2076 2018年 6月 12日
PDF 14604 2018年 3月 2日
PDF 39489 2017年 2月 8日
ホワイト・ペーパー (1)
タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 841 2018年 11月 5日
その他の技術資料 (1)
タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 34 2018年 6月 20日
関連製品

ソフトウェア (1)

名前 型番 ソフトウェア・タイプ
C2000 MCU 向け C2000Ware  C2000WARE  ソフトウェア・ライブラリ 

TI デバイス (20)

型番 名前 製品ファミリ
LM4040  LM4040  リファレンス電圧 
LMR62421  SIMPLE SWITCHER 24Vout, 2.1A Step-Up Voltage Regulator in SOT-23  昇圧 
SN65HVD234  3.3V CAN トランシーバ、スリープ・モード付  インターフェイス 
SN74LV4053A  トリプル 2チャネル アナログ・マルチプレクサ/デマルチプレクサ  スイッチ&マルチプレクサ 
SN74LVC2G07  2 ビット バッファ/ドライバ、オープン・ドレイン出力付  バッファ/ドライバ 
TM4C129ENCPDT  Tiva C シリーズ・マイコン  マイコン(MCU) 
TMS320F280040  FPU、TMU、128KB フラッシュ、PGA、SDFM(デルタ・シグマ・フィルタ・モジュール)搭載、100MHz Piccolo™ 32 ビット・マイコン  C2000 リアルタイム制御マイコン 
TMS320F280040C  Piccolo™ 32-bit MCU with 100 MHz, FPU, TMU, 128 KB Flash, InstaSPIN-FOC, CLB, PGAs, SDFM  C2000 リアルタイム制御マイコン 
TMS320F280041  FPU、TMU、256KB フラッシュ、PGA、SDFM(デルタ・シグマ・フィルタ・モジュール)搭載、100MHz Piccolo™ 32 ビット・マイコン  C2000 リアルタイム制御マイコン 
TMS320F280041C  Piccolo™ 32-bit MCU with 100 MHz, FPU, TMU, 128 KB Flash, InstaSPIN-FOC, CLB, PGAs, SDFM  C2000 リアルタイム制御マイコン 
TMS320F280045  FPU、TMU、256KB フラッシュ、PGA、SDFM(デルタ・シグマ・フィルタ・モジュール)搭載、100MHz Piccolo™ 32 ビット・マイコン  C2000 リアルタイム制御マイコン 
TMS320F280048  FPU、TMU、256KB フラッシュ、CLA(制御補償器アクセラレータ)、PGA、SDFM(デルタ・シグマ・フィルタ・モジュール)搭載、100MHz Piccolo™ 32 ビット・マイコン  C2000 リアルタイム制御マイコン 
TMS320F280048C  Piccolo™ 32-bit MCU with 100 MHz, FPU, TMU, 256 KB Flash, CLA, InstaSPIN-FOC, CLB, PGAs, SDFM  C2000 リアルタイム制御マイコン 
TMS320F280049  FPU、TMU、256KB フラッシュ、CLA(制御補償器アクセラレータ)、PGA、SDFM(デルタ・シグマ・フィルタ・モジュール)搭載、100MHz Piccolo™ 32 ビット・マイコン  C2000 リアルタイム制御マイコン 
TMS320F280049C  InstaSPIN-FOC / CLB 搭載 Piccolo™ マイコン  C2000 リアルタイム制御マイコン 
TPD4E004  4 チャネル ESD 保護アレイ、高速データ・インターフェイス用  回路保護 
TPD6E004  小容量、6 チャネル、±15kV ESD 保護アレイ、高速データ・インターフェイス用  回路保護 
TPS3702  高精度、固定しきい値 OV/UV モニタ  電源 IC 
TPS796  超低ノイズ、高 PSRR、高速 RF、1 A、低ドロップアウト・リニア・レギュレータ  電源 IC 
TXB0106  6 ビット、双方向、電圧レベルシフタ、自動方向検出機能、±15kV ESD 保護付き  電圧レベルシフタ 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

Blogs