JAJSCL0C July   2016  – December 2021 INA240

PRODUCTION DATA  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
  4. Revision History
  5. Device Comparison
  6. Pin Configuration and Functions
  7. Specifications
    1. 7.1 Absolute Maximum Ratings
    2. 7.2 ESD Ratings
    3. 7.3 Recommended Operating Conditions
    4. 7.4 Thermal Information
    5. 7.5 Electrical Characteristics
    6. 7.6 Typical Characteristics
  8. Detailed Description
    1. 8.1 Overview
    2. 8.2 Functional Block Diagram
    3. 8.3 Feature Description
      1. 8.3.1 Amplifier Input Signal
        1. 8.3.1.1 Enhanced PWM Rejection Operation
        2. 8.3.1.2 Input Signal Bandwidth
      2. 8.3.2 Selecting the Sense Resistor (RSENSE)
    4. 8.4 Device Functional Modes
      1. 8.4.1 Adjusting the Output Midpoint With the Reference Pins
      2. 8.4.2 Reference Pin Connections for Unidirectional Current Measurements
        1. 8.4.2.1 Ground Referenced Output
        2. 8.4.2.2 VS Referenced Output
      3. 8.4.3 Reference Pin Connections for Bidirectional Current Measurements
        1. 8.4.3.1 Output Set to External Reference Voltage
        2. 8.4.3.2 Output Set to Midsupply Voltage
        3. 8.4.3.3 Output Set to Mid-External Reference
        4. 8.4.3.4 Output Set Using Resistor Divider
      4. 8.4.4 Calculating Total Error
        1. 8.4.4.1 Error Sources
        2. 8.4.4.2 Reference Voltage Rejection Ratio Error
          1. 8.4.4.2.1 Total Error Example 1
          2. 8.4.4.2.2 Total Error Example 2
  9. Application and Implementation
    1. 9.1 Application Information
      1. 9.1.1 Input Filtering
    2. 9.2 Typical Applications
      1. 9.2.1 Inline Motor Current-Sense Application
        1. 9.2.1.1 Design Requirements
        2. 9.2.1.2 Detailed Design Procedure
        3. 9.2.1.3 Application Curve
      2. 9.2.2 Solenoid Drive Current-Sense Application
        1. 9.2.2.1 Design Requirements
        2. 9.2.2.2 Detailed Design Procedure
        3. 9.2.2.3 Application Curve
    3. 9.3 What to Do and What Not to Do
      1. 9.3.1 High-Precision Applications
      2. 9.3.2 Kelvin Connection from the Current-Sense Resistor
  10. 10Power Supply Recommendations
    1. 10.1 Power Supply Decoupling
  11. 11Layout
    1. 11.1 Layout Guidelines
      1. 11.1.1 Connection to the Current-Sense Resistor
    2. 11.2 Layout Example
  12. 12Device and Documentation Support
    1. 12.1 Documentation Support
      1. 12.1.1 Related Documentation
    2. 12.2 Receiving Notification of Documentation Updates
    3. 12.3 サポート・リソース
    4. 12.4 Trademarks
    5. 12.5 Electrostatic Discharge Caution
    6. 12.6 Glossary
  13. 13Mechanical, Packaging, and Orderable Information

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

概要

INA240 デバイスは、電圧出力の電流センス・アンプであり、強化された PWM 除去機能によって、電源電圧にかかわらず –4V~80V の広い同相電圧範囲でシャント抵抗両端の電圧降下を検出できます。負の同相電圧により、グランドより低い電位で動作でき、標準的なソレノイド・アプリケーションのフライバック期間に対応できます。強化された PWM 除去により、パルス幅変調 (PWM) 信号を使用するシステム (モータ・ドライブやソレノイド制御システムなど) において、大きな同相過渡電圧 (ΔV/Δt) を高いレベルで抑制します。この機能により、大きな過渡電圧や、それに伴う出力電圧の回復リップルなしに、正確な電流を測定できます。

このデバイスは 2.7V~5.5V の単電源で動作し、消費電流は最大 2.4mA です。4 つの固定ゲイン (20V/V、50V/V、100V/V、200V/V) を利用できます。ゼロドリフト・アーキテクチャの低いオフセットにより、シャントでの最大電圧降下がわずか 10mV フルスケールで電流センシングが可能です。すべてのバージョンは、拡張動作温度範囲 (–40℃~+125℃) で動作が規定されており、8 ピンの TSSOP および 8 ピンの SOIC パッケージで供給されます。

製品情報(1)
部品番号パッケージ本体サイズ (公称)
INA240TSSOP (8)3.00mm × 4.40mm
SOIC (8)4.90mm × 3.91mm
利用可能なすべてのパッケージについては、データシートの末尾にあるパッケージ・オプションについての付録を参照してください。
GUID-2E2A4C3D-A872-4E82-9784-372B1A0145E2-low.gif強化された PWM 除去