JAJSCI5A September   2016  – February 2019 UCD9090A

PRODUCTION DATA.  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
    1.     代表的なアプリケーションの回路図
  4. 改訂履歴
  5. 概要(続き)
  6. Pin Configuration and Functions
    1.     Pin Functions
  7. Specifications
    1. 7.1 Absolute Maximum Ratings
    2. 7.2 ESD Ratings
    3. 7.3 Recommended Operating Conditions
    4. 7.4 Thermal Information
    5. 7.5 Electrical Characteristics
    6. 7.6 I2C/Smbus/PMBus Timing Requirements
    7. 7.7 Typical Characteristics
  8. Detailed Description
    1. 8.1 Overview
    2. 8.2 Functional Block Diagram
    3. 8.3 Feature Description
      1. 8.3.1 TI Fusion GUI
      2. 8.3.2 PMBus Interface
      3. 8.3.3 Rail Configuration
    4. 8.4 Device Functional Modes
      1. 8.4.1  Power Supply Sequencing
        1. 8.4.1.1 Turn-On Sequencing
        2. 8.4.1.2 Turn-Off Sequencing
        3. 8.4.1.3 Sequencing Configuration Options
      2. 8.4.2  Pin-Selected Rail States
      3. 8.4.3  Monitoring
        1. 8.4.3.1 Voltage Monitoring
        2. 8.4.3.2 Current Monitoring
        3. 8.4.3.3 Remote Temperature Monitoring and Internal Temperature Sensor
        4. 8.4.3.4 Temperature by Host Input
      4. 8.4.4  Fault Responses and Alert Processing
      5. 8.4.5  Shut Down All Rails and Sequence On (Resequence)
      6. 8.4.6  GPIOs
      7. 8.4.7  GPO Control
      8. 8.4.8  GPO Dependencies
        1. 8.4.8.1 GPO Delays
        2. 8.4.8.2 State Machine Mode Enable
      9. 8.4.9  GPI Special Functions
        1. 8.4.9.1 Fault Shutdown Rails
        2. 8.4.9.2 Configured as Sequencing Debug Pin
        3. 8.4.9.3 Configured as Fault Pin
        4. 8.4.9.4 Cold Boot Mode Enable
      10. 8.4.10 Power Supply Enables
      11. 8.4.11 Cascading Multiple Devices
      12. 8.4.12 PWM Outputs
        1. 8.4.12.1 FPWM1-8
        2. 8.4.12.2 PWM1-2
      13. 8.4.13 Programmable Multiphase PWMs
      14. 8.4.14 Margining
        1. 8.4.14.1 Open-Loop Margining
        2. 8.4.14.2 Closed-Loop Margining
      15. 8.4.15 Run Time Clock
      16. 8.4.16 System Reset Signal
      17. 8.4.17 Watch Dog Timer
      18. 8.4.18 Data and Error Logging to Flash Memory
      19. 8.4.19 Brownout Function
      20. 8.4.20 PMBus Address Selection
      21. 8.4.21 Device Reset
      22. 8.4.22 JTAG Interface
      23. 8.4.23 Internal Fault Management and Memory Error Correction (ECC)
    5. 8.5 Programming
      1. 8.5.1 Full Configuration Update While in Normal Mode
  9. Application and Implementation
    1. 9.1 Application Information
    2. 9.2 Typical Application
      1. 9.2.1 Design Requirements
      2. 9.2.2 Detailed Design Procedure
        1. 9.2.2.1 Estimating ADC Reporting Accuracy
      3. 9.2.3 Application Curves
  10. 10Power Supply Recommendations
  11. 11Layout
    1. 11.1 Layout Guidelines
    2. 11.2 Layout Example
  12. 12デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 12.1 ドキュメントのサポート
      1. 12.1.1 関連資料
    2. 12.2 ドキュメントの更新通知を受け取る方法
    3. 12.3 コミュニティ・リソース
    4. 12.4 商標
    5. 12.5 静電気放電に関する注意事項
    6. 12.6 Glossary
  13. 13メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

デバイスごとのパッケージ図は、PDF版データシートをご参照ください。

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
  • RGZ|48
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

特長

  • 10の電圧レールの監視とシーケンス
    • すべてのレールを400μsごとにサンプリング
    • 2.5V、0.5%の内部VREF付きの12ビットADC
    • 時間、レール、およびピンの依存関係に基づいたシーケンス
    • モニタごとに4つの、プログラム可能な低電圧および過電圧スレッショルド
  • モニタごとのエラーとピーク値の不揮発性ログ出力(最大26のフォルト詳細エントリ)
  • 10レールに対する閉ループのマージン設定
    • マージン出力により、ユーザー定義のマージン・スレッショルドに一致するようレール電圧を調整
  • ウォッチドッグ・タイマとシステム・リセットをプログラム可能
  • 柔軟なデジタルI/O構成
  • GPIによりトリガされるフォルトへの応答と監視
  • 複数の電源シーケンスICを簡単にカスケード接続し、調整されたフォルト応答を取得
  • ピンによりレール状態を選択
  • 複数のデバイスのカスケード接続
  • マルチフェーズのPWMクロック・ジェネレータ
    • クロック周波数範囲: 15.259kHz~125MHz
    • 独立したクロック出力を構成し、スイッチ・モード電源を同期する機能
  • JTAGおよびI2C/SMBus/PMBus™インターフェイス