FUSION-DIGITAL-POWER-STUDIO

Fusion Digital Power Studio

FUSION-DIGITAL-POWER-STUDIO

ダウンロード

概要

Fusion Digital PowerTM Studio には、TI (テキサス・インスツルメンツ) の UCD3138 統合デジタル・コントローラ・ファミリ向けのソフトウェア・ツールが付属しています。  Fusion Digital Power を使用すると、複雑なプログラミング・スキルを習得する必要なしで、電源エンジニアがデジタル電源の利点を実現しやすくなります。Fusion Digital Power は直観的なツールであり、開発中の設計の評価フェーズ、開発フェーズ、テスト・フェーズで役に立ちます。

Fusion Digital Power は、デジタル電源設計システムの評価段階と設計段階でエンジニアの業務を支援する設計を採用した、各種ツールで構成されています。

ファームウェア開発用の各種ツール:

  • メモリ・デバッガ
    • コンパイル後の出力メモリ・マップの動的な解析機能
    • レジスタと変数への読み書きアクセスを実現
  • SMBus デバッグ
    • I2C コマンドを送信する方法で、データを読み書き
  • ファームウェアのダウンロード
    • データ・フラッシュ
    • プログラム・フラッシュ
  • Peek/Poke (ハードウェア寄りの直接的な読み書き)
    • 特定のアドレスにあるデータの読み書き
  • チェックサム操作
    • 読み出し
    • 書き込み
    • 計算
    • 検証

リアルタイムとオフラインそれぞれの構成と監視に適した各種ツール

  • 評価基板 (EVM) のトポロジの選択や、回路図と PMBus 設定の構成を通じた、それらのトポロジのカスタマイズ
    • 付属の各種トポロジ:
      • LLC
      • PSFB
      • HSFB
      • PFC
  • 必要なループ性能を達成できるように電力段と補償回路をシミュレートするため、また係数をデバイスに書き込むために、以下の機能が使用可能:
    • PID
    • Real Zeros (実数のゼロ)
    • Complex Zeros (複素数のゼロ)
    • Bode/Phase plots (ボード線図 / 位相プロット)
  • PMBus 設定を .xml ファイルに保存し、オフライン・モードでの作業、または別のデバイスへのインポートが可能
  • 以下のような PMBus コマンドを構成可能:
    • VOUT COMMAND - 例:300 V
    • VOUT Over Voltage Warning - 320 V
    • VOUT Over Voltage Fault - 340 V
  • 以下のような遠隔測定監視グラフを表示:
    • Vin (入力電圧)
    • Vout (出力電圧)
    • Iin (入力電流)
    • Iout (出力電流)
    • Temp (温度)
  • デバイスに以下のコマンドを送信:
    • 電源出力のオン / オフ
    • デバイスに構成を書き込み
    • その他
  • 以下の障害ステータスを継続的に観察:
    • 過電圧障害
    • 過電圧の警告
    • その他
  • 量産支援向けの各種ツール:
    • フラッシュのエクスポート
    • SREC、x0、Intel Hex (16 進数表記法) 相互間の変換
  • コマンドライン・ツール:
    • フラッシュのエクスポート
    • ファームウェアのダウンロード
    • フラッシュを .x0、SREC、HEX (各種 16 進数表記法) に変換
    • すでに保存済みの .xml を使用して PMBus 構成を書き込み

製造時に、コマンドライン・ツールを自動テスタに組み込むことができます。TI はまた、TI Manufacturing GUI (MFR GUI:製造向け GUI) も提供しています。この GUI は簡易型のツールであり、使いやすいインターフェイスを採用し、製造環境で担当者が誤ってデバイスを破損する事態を制限できる設計を採用しています。たとえば、製造サイトで単純に MFR GUI をインストールし、そのサイトが受け取ったファクトリ・スクリプトを実行することができます。MFR GUI を使用してこのスクリプトを開発することもできますが、製造サイトが内容を読み取れないパスワード保護モードを使用することになります。

Fusion Digital Power Studio を今すぐダウンロードして、UCD3138 ベースの電源設計を開始することができます。

ダウンロード

アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

FUSION-DIGITAL-POWER-STUDIO Fusion Digital Power Studio

サポートされている製品とハードウェア

サポートされている製品とハードウェア

デジタル電源絶縁型コントローラ
UCD3020 最大 2x 安定化出力および 6x DPWM 出力付き、完全プログラマブルなデジタル電源コントローラ UCD3028 最大 2 つの安定化出力および 8 つの DPWM 出力付き、プログラマブルなデジタル・パワー・コントローラ UCD3138 絶縁電源向け、3 チャネル・フィードバック・ループ/ 8 チャネル DPWM 出力付き、高集積デジタル・コントローラ UCD3138064 絶縁電源向け、64kB メモリ搭載、高集積デジタル・コントローラ UCD3138064A 絶縁電源向け、高集積デジタル・コントローラ UCD3138128 絶縁電源向け、高集積デジタル・コントローラ UCD3138128A 絶縁電源向け、高集積デジタル・コントローラ UCD3138A 絶縁電源用、UCD3138A 高集積デジタル・コントローラ UCD3138A64 絶縁電源向け、高集積デジタル・コントローラ

技術資料

結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 1
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
アプリケーション・ノート Fusion Digital Power Designer for UCD3138 Isolated Power Applications (Rev. C) 2019年 6月 24日

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ