JAJSNM7 December   2021 REF35

ADVANCE INFORMATION  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 説明
  4. Revision History
  5. Device Comparison Table
  6. Pin Configuration and Functions
  7. Specifications
    1. 7.1 Absolute Maximum Ratings
    2. 7.2 ESD Ratings
    3. 7.3 Recommended Operating Conditions
    4. 7.4 Thermal Information
    5. 7.5 Electrical Characteristics
    6. 7.6 Typical Characteristics
  8. Parameter Measurement Information
    1. 8.1 Solder Heat Shift
    2. 8.2 Temperature Coefficient
    3. 8.3 Long-Term Stability
    4. 8.4 Thermal Hysteresis
    5. 8.5 Noise Performance
      1. 8.5.1 Low Frequency (1/f) Noise
      2. 8.5.2 Broadband Noise
    6. 8.6 Power Dissipation
  9. Detailed Description
    1. 9.1 Overview
    2. 9.2 Functional Block Diagram
    3. 9.3 Feature Description
      1. 9.3.1 Supply Voltage
      2. 9.3.2 EN Pin
      3. 9.3.3 NR Pin
    4. 9.4 Device Functional Modes
      1. 9.4.1 Basic Connections
      2. 9.4.2 スタートアップ
      3. 9.4.3 出力過渡動作
  10. 10Application and Implementation
    1. 10.1 Application Information
    2. 10.2 Typical Application: Negative Reference Voltage
    3. 10.3 Typical Application: Precision Power Supply and Reference
      1. 10.3.1 Design Requirements
      2. 10.3.2 Detailed Design Procedure
        1. 10.3.2.1 リファレンスの選択
        2. 10.3.2.2 Input and Output Capacitors
        3. 10.3.2.3 Selection of ADC
      3. 10.3.3 Application Curves
  11. 11Power Supply Recommendations
  12. 12Layout
    1. 12.1 Layout Guidelines
    2. 12.2 Layout Example
  13. 13Device and Documentation Support
    1. 13.1 Documentation Support
      1. 13.1.1 Related Documentation
    2. 13.2 Receiving Notification of Documentation Updates
    3. 13.3 サポート・リソース
    4. 13.4 Trademarks
    5. 13.5 Electrostatic Discharge Caution
    6. 13.6 Glossary
  14. 14Mechanical, Packaging, and Orderable Information

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

出力過渡動作

REF35 出力バッファは、10mA の負荷電流を供給する能力と、5mA の負荷電流をシンクする能力を備えています。出力段は Class B アーキテクチャを使用して設計されており、低い静止電流を実現しています。このアーキテクチャには、無負荷状態に近い、クロス・オーバー・デッド・バンドがあります。負荷電流がデッド・バンドに近い負荷過渡では、より長いセトリング・タイムが必要になります。大きな出力コンデンサの場合、セトリング・タイムは長くなります。ADC リファレンス駆動などの大きな負荷ステップの場合、セトリング・タイムは短くなります。

図 9-3図 9-4 に、それぞれ軽負荷過渡と高負荷過渡時の出力セトリング動作を示します。

GUID-32C95F0F-ABA7-47FB-9BB6-37CAFBCDD9D2-low.gif図 9-3 負荷過渡応答 0μA~100μA、CREF = 1μF
GUID-32C95F0F-ABA7-47FB-9BB6-37CAFBCDD9D2-low.gif図 9-4 負荷過渡応答 1mA~10mA、CREF = 1μF