価格

数量 価格
+

TMDSEMU200-U の特徴

XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の JTAG デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリです。高い性能と一般的な機能を搭載した低コスト XDS100 と高性能 XDS560v2 の中間に位置する XDS200 は、TI のマイコン、プロセッサ、ワイヤレス・デバイスのデバッグのためのバランス重視のソリューションを提供します。

XDS200 は、販売開始から長い年月が経過している「XDS510」JTAG デバッガ・ファミリに比べ、データ・スループットが高いほか、ARM シリアル・ワイヤ・デバッグ・モードのサポート機能も追加しており、コスト低減を可能にします。

TI では開発ボードのスペース低減を推進しており、すべての XDS200 派生製品は、ターゲット接続用のプライマリ JTAG コネクティビティとして標準的な TI 20 ピン・コネクタを実装しています。この製品に加えて、すべての派生製品は、TI と ARM の標準的な JTAG ヘッダーに接続するためにモジュラー形式のターゲット構成アダプタも採用しています(付属するアダプタは、モデルによって異なります)。

XDS200 は、従来型の IEEE1149.1(JTAG)、IEEE1149.7(cJTAG)、ARM のシリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とシリアル・ワイヤ出力(SWO)をサポートしており、+1.5V ~ 4.1V のインターフェイス・レベルで動作します。

IEEE1149.7 つまり Compact JTAG(cJTAG)は、従来型の JTAG を大幅に改良しており、2 本のピンだけで従来型のすべての機能をサポートします。また、TI のワイヤレス・コネクティビティ・マイコンでの利用も可能です。

シリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とは、同じく 2 本のピンを使用して、JTAG より高速なクロック・レートでデータを転送するデバッグ・モードです。シリアル・ワイヤ出力(SWO)を使用する場合は、もう 1 本のピンを追加して、Cortex M4 マイコンで簡潔なトレース動作を実行することができます。

すべての XDS200 モデルは、ホストへの接続のために、USB2.0 ハイスピード(480Mbps)をサポートしており、一部のモデルではイーサネット 10/100Mbps もサポートしています。また、一部のモデルではターゲット・ボードでの消費電力監視をサポートしています。

XDS200 ファミリには、TI の Code Composer Studio IDE との包括的な互換性があります。こうした組み合わせにより、TI のマイコン、プロセッサ、ワイヤレス・コネクティビティ・マイコンに対する統合型のデバッグ環境、コンパイラ、包括的なハードウェア・デバッグ機能、トレース機能で構成される包括的なハードウェア開発環境を実現できます。

その他の XDS 製品:

TMDSEMU200-U に関する概要

Spectrum Digital XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の XDS200 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの最初のモデルです。XDS200 ファミリは、超低コストの XDS100 と高性能の XDS560v2 の間で、低コストと高性能の最適バランスを実現します。また、すべての XDS デバッグ・プローブは、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP プロセッサに対し、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。

Spectrum Digital XDS200 は、TI 20 ピン・コネクタ(TI 14 ピン、ARM 10 ピン、ARM 20 ピンを接続するための複数のアダプタ付属)とホスト側の USB 2.0 ハイスピード(480Mbps)を経由して、ターゲット・ボードをホスト PC に接続します。また、ホスト PC で実行する Code Composer Studio™ IDE のライセンスも必要です。

Spectrum Digital XDS200 は、以下のパッケージで提供されます。

  • XDS200 デバッグ・ポッド
  • TI 20 ピンから TI 14 ピンへのコンバータ・アダプタ
  • TI 20 ピンから ARM 20 ピンへのコンバータ・アダプタ
  • TI 20 ピンから ARM 10 ピンへのコンバータ・アダプタ
  • USB2.0 ケーブル
  • クイック・スタート・ガイド

サポートされているデバイス:

  • 基本的な JTAG デバッグ機能は、(MSP430 を除く)ほとんどの TI のマイコン、すべてのワイヤレス・マイコン、(C54x、C62x、C67x を除く)ほとんどの DSP、およびすべての ARM プロセッサをサポート
  • cJTAG デバッグは、CC26xx、CC2538、CC13xx すべてのデバイスをサポート
  • シリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とシリアル・ワイヤ出力(SWO)は、選択したマイコンとワイヤレス・コネクティビティ・マイコンで利用可能
  • コア・トレースとシステム・トレースは、ARM と DSP プロセッサで、ETB を通じて利用可能
  • 特定のデバイスでのトレース機能に関する詳細については、該当デバイスのテクニカル・リファレンス・マニュアル(TRM)をご参照ください

必要な事項:

  • Code Composer Studio IDE のフル・ライセンスまたは 90 日間評価ライセンス(無償の制限ライセンスは使用不可能)
  • Code Composer Studio IDE の最小要件を満たすホスト PC
  • 互換性のある JTAG ヘッダーのいずれかを実装したターゲット・ボード

場合によっては必要な事項:

  • 別の形式の JTAG ヘッダーを実装したターゲット・ボードを使用する場合の、接続のためのアダプタ

出荷内容に関する情報:

  • 製品ボックスのサイズ:130mm x 130mm x 50mm(5.0 インチ x 5.0 インチ x 2.0 インチ)
  • パッケージ化された製品の重量:120g(4.0 オンス)

価格

数量 価格
+