グリッド資産監視

ブロック図

概要

TI の IC とリファレンス・デザインは、高信頼性で効率的な電力伝送と分散型の発電を実現するためにグリッド資産を保護する、グリッド資産監視機能の設計と製作に役立ちます。グリッドの自動化が進み、スマート・グリッドの要件の難易度が増している現状で、TI の 革新的なサブシステム・デザインを活用すると、従来型の変電所を、配電エンド・ノードを遠隔測定インフラと組み合わせたインテリジェント変電所に迅速に変換することができます。この結果、データの収集と送信をほぼリアルタイムで実施できます。

設計要件

次世代のグリッド資産監視システムの要件:

  • スペース最適化済みのアーキテクチャ。
  • 電源ラインの電圧、電流、温度、品質の高精度測定。
  • センサ出力の高精度絶縁と効率的なデジタル変換。

ブロック図

システムに適した製品やリファレンスデザインを検索

技術資料

すべて表示 2
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
ホワイト・ペーパー Enabling and integrating wired and wireless technologies for grid interoperabili 22 Mar 2019
ホワイト・ペーパー Modernizing the grid to make it more resilient and reliable through technology (Rev. A) 16 Jan 2019

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ