CIRCUIT060013

Inverting amplifier with T-network feedback circuit

CIRCUIT060013

概要

この設計は入力信号、VIN を反転し、信号ゲイン 1000V/V または 60dB を適用します。T 帰還回路搭載の反転アンプは、値が小さい R4 や値が大きい帰還抵抗なしで高いゲインを取得するために使用できます。
特長
  • +/-5V デュアル電源
  • 入力:+/-2.5mV
  • 出力:+/-2.5V
  • 帯域幅:5kHz
  • ゲイン:1000V/V
高精度オペアンプ (Vos が 1mV 未満)
OPA192 高電圧、レール・ツー・レール入出力、5μV、0.2μV/℃、高精度オペアンプ
汎用オペアンプ
LM2904BA-Q1 車載グレード、デュアル、36V、1.2MHz、オフセット電圧が 2mV のオペアンプ OPA375 シングル、5.5V、10MHz、低ノイズ (4.6nV/ √ Hz)、68mA の出力電流、RRO オペアンプ TLV9062 Dual, 5.5-V, 10-MHz operational amplifier

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 3
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* 回路設計 Inverting Amplifier with T-Network Feedback Circuit (Rev. A) 2022年 2月 15日
回路設計 Transimpedance Amplifier with T-Network Circuit 2021年 3月 12日
e-Book(PDF) アナログ・エンジニア向け回路クックブック:アンプ (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2019年 4月 18日

関連する設計リソース

設計ツールおよびシミュレーション

シミュレーション・ツール
PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice® TINA-TI SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム
計算ツール
ANALOG-ENGINEER-CALC アナログ技術者向けカリキュレータ

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン
TIPD176 1MHz、単電源、フォトダイオード・アンプ、リファレンス・デザイン

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ