CIRCUIT060069

完全差動アンプを使用した差動入力差動出力回路

CIRCUIT060069

概要

このデザインは、完全差動アンプ (FDA) を、シングル・エンド入力から差動出力に変換するアンプとして使用しています。
特長
  • 入力:差動 = 1Vpp
  • 出力:差動 = 16Vpp
  • 電源電圧:
  • Vcc = 10 V
  • Vee = 0V
  • 出力同相モード = 5V
  • 3dB 帯域幅 = 3MHz
  • AC ゲイン (Gac) = 16V/V
  • 完全差動アンプ
    THS4131 完全差動入出力、低ノイズアンプ THS4561 超低消費電力、60MHz、広い電源電圧範囲、完全差動アンプ

    技術資料

    結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
    すべて表示 2
    種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
    回路設計 完全差動アンプを使用する差動入出力回路 英語版をダウンロード 2019年 1月 24日
    Analog Design Journal Analysis of fully differential amplifiers 2005年 3月 11日

    関連する設計リソース

    設計ツールおよびシミュレーション

    シミュレーション・ツール
    PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice® TINA-TI SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム
    計算ツール
    ANALOG-ENGINEER-CALC アナログ技術者向けカリキュレータ

    サポートとトレーニング

    TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

    すべてのフォーラムトピックを英語で表示

    コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

    TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

    ビデオ