CIRCUIT060075

高速過電流検出回路

CIRCUIT060075

概要

この高速ローサイド過電流検出ソリューションは、1 個のゼロ・ドリフト高速セトリング・アンプ (OPA388) と、1 個の高速コンパレータ (TLV3201) を使用して実装済みです。この回路は、高速の電流信号および過電流イベントを監視するアプリケーション、たとえばモータや電源ユニットでの電流検出用に設計されています。

帯域幅が非常に広く、オフセットが非常に小さく、スルー・レートが高速なことから、OPA388 が選択されています。伝播遅延が 40ns、立ち上がり時間が 4.8ns と短く、応答が高速なことから、TLV3201 を選定しました。これにより、コンパレータは過渡応答時間の要件内で、過電流イベントに対して迅速に応答し、システムに警告できます。また、プッシュプル出力段により、コンパレータはマイクロコントローラの論理レベルと直接接続可能です。さらに、TLV3201 は消費電力が小さく、静止電流が 40μA です。

ローサイドの電流検出には一般に、検出抵抗の両端に接続するアンプを非反転構成で使用できます。ただし、ここに示すアプリケーション回路は、検出抵抗の両端で OPA388 を差動アンプとして使用しています。これにより、シャント抵抗の両端で真の差動測定が行えるため、電源グランドと負荷グランドが同一とは限らない場合に有利です。
特長
  • 過電流レベル:I_IN = 0A ~ 1.0A
  • 電源電圧:
    • V+ = 5 V
    • V- = 0V
  • 過渡応答時間:t は=10μs 以下
コンパレータ
TLV3201 5.5V、高速、シングル・プッシュプル・コンパレータ TLV7021 オープン・ドレイン出力、低消費電力、小型サイズ・コンパレータ
高精度オペアンプ (Vos が 1mV 未満)
OPA388 シングル、10MHz、CMOS、ゼロドリフト、ゼロ・クロスオーバ、真の RRIO 高精度オペアンプ

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 4
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* アプリケーション・ノート Advantages of using Nanopower Zero Drift Amp for Mobile Phone Battery Voltage Mo (Rev. A) 2017年 12月 21日
* アプリケーション・ノート Current Sensing in No-Neutral Light Switches (Rev. A) 2017年 10月 16日
回路設計 高速過電流検出回路 (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2019年 2月 7日
アプリケーション・ノート Low-Voltage, Low-Power System Monitoring in Personal Electronics 2018年 2月 12日

関連する設計リソース

設計ツールおよびシミュレーション

シミュレーション・ツール
PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice® TINA-TI SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム
計算ツール
ANALOG-ENGINEER-CALC アナログ技術者向けカリキュレータ

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ