CIRCUIT060085

コンパレータによるゼロ・クロス検出回路

CIRCUIT060085

概要

このゼロ・クロス検出器の回路は、AC 入力がゼロ基準電圧と交差するとき、コンパレータの出力状態が変化します。コンパレータの反転入力をゼロ基準電圧に設定し、減衰した入力を非反転入力に印加する方法で、この仕様を実現します。電圧デバイダ R1 と R2 は、入力 AC 信号を減衰させます。非反転入力がコンパレータの負の入力同相制限を決して下回らないように、ダイオード D1 を使用しています。ゼロ・クロス検出は多くの場合、電源制御回路に使用されます。
特長
  • 電源電圧:
    • Vcc = 5V
    • Vee = 0V
    • タイプ = シングル
  • 入力信号:
    • Vi = 240V AC RMS
    • f = 50 Hz
  • AC 商用電源の最大リーク電流:Iac は 500μA 未満
コンパレータ
TLV3201 5.5V、高速、シングル・プッシュプル・コンパレータ TLV7011 プッシュプル出力、低消費電力、小型サイズ・コンパレータ

開始する

  1. 回路設計を参照する
  2. モデルのダウンロード

技術資料

結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 2
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
アプリケーション・ノート コンパレータ回路を使用したゼロ交差検出 英語版をダウンロード 2019年 1月 24日
アプリケーション・ノート Analog Input Modules – Multichannel ADC Solution with Error Detection 2019年 1月 9日

関連する設計リソース

設計ツールおよびシミュレーション

シミュレーション・ツール
PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice® TINA-TI SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム
計算ツール
ANALOG-ENGINEER-CALC アナログ技術者向けカリキュレータ

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ