バッファ、ドライバ、トランシーバ

システムのシグナル・インテグリティを向上します

parametric-filter製品をすべて表示
合計 1,100 種類を上回るインバータ、バッファ、汎用トランシーバで構成された TI の製品ラインアップを活用すると、ドライブ能力や静電容量が大きいラインのそれぞれに関連する一般的な課題を解決することができます。1 ~ 32 チャネルのドライバに対応しており、オープン・ドレイン、3 ステート、シュミット・トリガの各オプションが利用可能です。高性能クロック・アプリケーション向けのバッファは、TI のクロック・バッファ製品ラインアップに属しています。

カテゴリ別の参照

関連カテゴリ
クロック・バッファ

高性能クロック供給アプリケーション向けのバッファを検索できます。

SN74AC245-Q1
汎用トランシーバ

車載対応、 3 ステート出力、オクタル・バス・トランシーバ

概算価格 (USD) 1ku | 0.286

SN74ACT240-Q1
反転バッファとドライバ

車載、TTL 互換 CMOS 入力、3 ステート出力、8 チャネル、4.5V ~ 5.5V、インバータ

概算価格 (USD) 1ku | 0.296

SN74AC8541-Q1
非反転バッファとドライバ

車載対応、シュミット トリガ入力、8 チャネル、1.5V ~ 6V バッファ

概算価格 (USD) 1ku | 0.194

SN74AC541
非反転バッファとドライバ

3 ステート出力、8 チャネル、1.5V ~ 6V、ドライブ能力が 24mA のバッファ

概算価格 (USD) 1ku | 0.164

SN74AHCT1G14-Q1
反転バッファとドライバ

車載、シュミット トリガ入力、シングル、4.5V ~ 5.5V インバータ

概算価格 (USD) 1ku | 0.091

SN54SC245-SEP
汎用トランシーバ

宇宙用強化プラスチック封止、3 ステート出力、1.2V ~ 5.5V、オクタル バス トランシーバ

TI のバッファ、ドライバ、トランシーバ製品ラインアップの主な利点

checkmark

業界で最も幅広い製品ラインアップ

1,100 種類以上のインバータ、バッファ、トランシーバで構成された TI の幅広い製品ラインアップを活用すると、ロジックに関する多様なニーズに対応可能

checkmark

各種次世代コントローラ向けに最適化済み

最新のマイクロプロセッサ技術を実現可能 

checkmark

最新の各種業界規格の認証取得済み

車載、宇宙、ミリタリー、産業用の各品質要件を満たすためのテストと製造方法。 

checkmark

業界最小クラスのパッケージ

業界最小クラスのパッケージで、基板面積の最大活用と密度の向上に貢献

バッファの一般的なアプリケーションや用途

低速またはノイズの多い入力信号の除去

時には、システム内での信号の遅さやノイズの多さを回避できないことがあります。このビデオ (英語) は、低速またはノイズの多い信号を CMOS 入力に接続するときに発生する特定の問題と、それらの信号を排除するために実行できる対策を解説します。

Generate a reset signal at system power on (英語)

一部のシステムでは、初期化パルスが必要です。一般的にシステム・コントローラを使用してこの信号を生成しますが、多くのシステムはこのコントローラを起動する前に初期化が必要になること、またはコントローラを 1 個も搭載していないことがあります。このような状況では、単純な回路を用意すると、プログラミング (書き込みや設定) を行わずに、必要なパルスを供給することができます。

技術リソース

ビデオ・シリーズ
ビデオ・シリーズ
Common applications of buffers, drivers & transceivers (英語)
TI の Logic Minute トレーニング・ビデオ・シリーズ (英語) は、それぞれ数分で完了する 8 種類のコンテンツで構成されており、バッファとインバータの一般的なアプリケーションに関連する多様なトピックを網羅しています。
アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
Drive Transmission Lines With Logic
この製品概要は、シグナル・インテグリティの向上に役立つ設計上の検討事項を解説します。
document-pdfAcrobat PDF
アプリケーション概要
アプリケーション概要
Redrive Digital Signals
各種システム・コントローラは、出力駆動能力がそれほど大きくないことがあるので、その場合、静電容量が比較的大きい信号ラインを経由してコントローラから送信先へ信号を直接伝送することはできません。負荷を低減し、シグナル・インテグリティを向上させる目的で、ロジック・バッファを追加することもできます。
document-pdfAcrobat PDF