サーキット・ブレーカ (ACB、MCCB、VCB)

ブロック図

概要

TI の IC とリファレンス・デザインは、故障の迅速な検出、有線とワイヤレスのインターフェイスを使用する高信頼性の通信、ライン電源からの効率的な電力生成を通じて、グリッド資産を保護するサーキット・ブレーカの製作に役立ちます。以下の各サブシステムを活用すると、産業用サーキット・ブレーカ (低圧気中サーキット・ブレーカ (ACB)、モールド・ケース (MCCB)、または真空 (VCB)) を迅速に設計し、過負荷または短絡の条件が発生した場合でも、より的確に負荷を保護することができます。

設計要件

最新のサーキット・ブレーカ (ACB, MCCB, VCB) 設計の一般的な要件:

  • 広い範囲の入力電流、電圧、温度の高精度センシング。
  • 高速スタートアップと迅速な故障識別。
  • 信頼性の高い、有線またはワイヤレスの通信インターフェイス。

ブロック図

システムに適した製品やリファレンスデザインを検索

技術資料

すべて表示 5
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
ホワイト・ペーパー Enabling and integrating wired and wireless technologies for grid interoperabili 2019年 3月 22日
Technical articles Inductive sensing: How can an inductive switch be used for lid open/close detection? 2016年 8月 15日
Technical articles Make your power bank more reliable with output short-circuit protection 2016年 12月 6日
Technical articles The challenge of implementing higher-power wireless charging 2015年 6月 11日
Technical articles Discharge that output rail? 2014年 5月 16日

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ