物体検出 (人間の追跡、人数計測)

ブロック図

概要

TI の IC とリファレンス・デザインは、重要な決定を下すために人間の検出、追跡、計数、識別を行う革新的な占有検出アプリケーションの製作に役立ちます。TI の各種テクノロジーは、ミリ波センシング、3D タイム・オブ・フライト (ToF)、熱電対方式の IR (赤外線) センサ、熱画像処理、その他の多くの機能分野で実現した最新の進展を活用しています。

設計要件

占有検出 (人間の追跡や人数計測) の一般的な設計要件:

  • よりシンプルな分析で、画像の分割をより簡単に実施するのに役立つ、3D ToF の深度情報。
  • 人間、ペット、物体を区別できる機能。
  • 距離、速度、角度を使用する、複数の物体の検出。
  • 環境の変化や視認性の低い条件に対する耐性。
  • プライバシーの侵害なし。

このアプリケーションの機能を拡張する

ブロック図

システムに適した製品やリファレンスデザインを検索

技術資料

すべて表示 12
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
ホワイト・ペーパー Energy efficiency in smart homes and buildings 2020年 4月 29日
アプリケーション・ノート OPT3001: Ambient Light Sensor Application Guide (Rev. A) 2019年 9月 30日
ホワイト・ペーパー Enabling the next-generation of video doorbells 2019年 3月 14日
ホワイト・ペーパー TIのミリ波センサ採用による、 微細動作検出と人数計測向けのインテリジェント自律機能の導入 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) 2018年 12月 20日
Analog Design Journal Building a greener, more secure planet 2017年 11月 10日
Technical articles Inductive sensing: setting the sensor current-drive without a fancy impedance analyzer 2016年 3月 24日
その他の技術資料 Engineering A Smarter Building 2016年 1月 28日
ホワイト・ペーパー Filtering for 3D Time-of-Flight Sensors 2016年 1月 21日
Technical articles How to get started with current sense amplifiers – part 3 2015年 7月 9日
Technical articles Inductive sensing: How far can I sense? 2015年 6月 17日
ホワイト・ペーパー Introduction to Time-of-Flight Camera (Rev. B) 2014年 5月 7日
Technical articles Frequency references: Crystal oscillator operation and specs 2013年 11月 20日

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ