煙 / 熱検知器

Smoke and heat detector system integrated circuits and reference designs

設計上の考慮事項

煙探知器と熱探知器の分野で新しいトレンドになっているのは、ワイヤレス・コネクティビティ、オーディオ、複数のセンシング (温度、湿度、モーション) 機能です。TI の IC とリファレンス・デザインは、光電子、イオン化、熱と二酸化炭素の検出など、新しく登場する規格とテクノロジーに起因する課題を解決するのに役立ちます。

煙探知器と熱探知器の一般的な設計要件:

  • 部品表 (BOM) とコストを最適化し、複数の業界規格に適合する各種センサ。
  • 機能が増加した状況で、10 年のバッテリ動作期間を確保。
  • 実際の煙と煙誤認識の発生源を区別可能。
  • 広い電源電圧範囲のさまざまな入力電源への対応。
  • 探知器の配置場所を基準として、物体の相対位置を効果的にセンシング。
View more

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (9)

タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 1.17 MB 07 Feb 2020
PDF 302 KB 15 Nov 2019
PDF 540 KB 24 Oct 2019
PDF 314 KB 08 May 2019
PDF 144 KB 13 Mar 2018
PDF 141 KB 05 Dec 2016
PDF 127 KB 29 Nov 2016
PDF 271 KB 02 Nov 2016
PDF 3.86 MB 18 Oct 2016

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

ホワイト・ペーパー (3)

タイトル 種類 サイズ (MB) 日付 英語版
PDF 1.26 MB 22 Nov 2019
PDF 689 KB 22 Aug 2018
PDF 1.3 MB 10 Jan 2018

技術記事

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください