AFE79-LMH9-EVM

LMH9126、LMH9226、LMH9135、LMH9235 の各アクティブ・バランに対応する、AFE7920 リファレンス・デザインの評価基板

AFE79-LMH9-EVM

購入

概要

AFE79-LMH9-EVM 評価基板 (EVM) は、LMH9xxx アクティブ・バラン・ファミリとのインターフェイスを確立する、統合型 RF サンプリング・トランシーバ AFE79xx ファミリの性能を評価するための評価基板です。AFE79-LMH9-EVM は、AFE7920、LMH9126、LMH9226、LMH9135、および LMH9235 を提示します。このデバイスは、次世代の 5G マッシブ MIMO アクティブ・アンテナ・システム向けの要件サポートに適していると同時に、トランシーバの出力とのインターフェイスや、パワー・アンプ (PA) の入力の駆動も実現します。この基板は 50Ω のテスト機器との容易なインターフェイスを想定し、 デフォルトで 100Ω の差動入力とのマッチング、および 50Ω のシングルエンド出力とのマッチング向けにセットアップ済みです。複数のオンボード・コネクタを使用して、この EVM を +3.3V 電源、信号源、テスト機器にすぐに接続することができます。

特長
  • +3.3V 単一電源電圧で動作
  • 100Ω 差動入力、および 50Ω シングルエンド出力とマッチングするインターフェイスを想定した設計
  • オンボードの SMA コネクタを使用する、入出力とのシンプルなインターフェイス
  • ジャンパ・コネクタを使用するパワー・ダウン・オプションがオンボードで使用可能

TSW14J56EVM

RF サンプリング・トランシーバ
AFE7920 デュアルバンド DUC/DDC と 2 個のフィードバック・パス搭載、4 個の送信と 4 個の受信、RF サンプリング・トランシーバ

 

RF ゲイン・ブロック・アンプ
LMH9126 バラン内蔵、2.3 ~ 2.9GHz、差動からシングルエンドへの変換、低消費電力アンプ LMH9135 バラン内蔵、2.3 ~ 4.2GHz、差動からシングルエンドへの変換アンプ LMH9226 バラン内蔵、シングルエンドから差動への変換、2.3 ~ 2.9GHz、低消費電力、RF ゲイン・ブロック LMH9235 バラン内蔵、3.3GHz、シングルエンドから差動への変換アンプ

購入と開発の開始

評価ボード

AFE79-LMH9-EVM — AFE79 とアクティブ・バラン (LMH9x) を組み合わせたリファレンス・デザインの評価基板

TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます。

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 2
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* EVM ユーザー ガイド (英語) AFE79xx, LMH9xx EVM User Guide 2020年 7月 23日
証明書 AFE79-LMH9-EVM EU Declaration of Conformity (DoC) 2020年 7月 17日

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ