TIDA-01090

RS-485 自動方向制御のリファレンス・デザイン

TIDA-01090

設計ファイル

概要

The TIDA-01090 reference design enables half-duplex communication over an RS-485 bus without requiring additional driver-enable/receiver-enable controls.  The design allows for the transceiver used on each node to go into transmit mode automatically when data is being transmitted from a local Microcontroller (MCU) or Universal Asynchronous Receiver/Transmitter (UART) and then transition back into receive mode once the data frame is complete.

特長
  • Automatically enables an RS-485 driver when data is output from an MCU or UART
  • Transitions RS-485 transceiver into receive mode when data is not being transmitted
  • Works with any RS-485 transceiver
  • Low-cost due to minimal number of components
  • Adjustable data frame length via passive component selection

組み立てられたボードは、テストと性能検証のみの目的で開発されたものであり、販売していません。

設計ファイルと製品

設計ファイル

すぐに使用できるシステム・ファイルをダウンロードすると、設計プロセスを迅速化できます。

TIDUBW6.PDF (2835 K)

リファレンス・デザインの概要と検証済みの性能テスト・データ

TIDRMF9.PDF (54 K)

設計レイアウトとコンポーネントを示した詳細な回路図

TIDRMG0.PDF (96 K)

設計に使用したコンポーネント、参照指定子、メーカー名や型番などを記入した詳細なリスト

TIDRMG1.PDF (70 K)

コンポーネントの配置を明示する詳細な設計レイアウト

TIDRMG3.ZIP (298 K)

IC コンポーネントの 3D モデルまたは 2D 図面に使用するファイル

TIDCCC2.ZIP (0 K)

PCB 設計の基板層に関する情報を記載した設計ファイル

TIDRMG2.PDF (421 K)

PCB 設計レイアウトを生成するための PCB 基板層のプロット・ファイル

製品

設計や代替製品候補に TI 製品を含めます。

RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

SN65HVD3082E半二重、RS-485 トランシーバ

データシート: PDF | HTML
リアルタイム・クロック (RTC) とタイマ

NA555高精度タイマ

データシート: PDF | HTML

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 1
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* 設計ガイド TIDA-01090 Design Guide 2016年 6月 2日

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ