ホーム インターフェイス RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

SN65HVD3082E

アクティブ

半二重、RS-485 トランシーバ

製品詳細

Number of receivers 1 Number of transmitters 1 Duplex Half Supply voltage (nom) (V) 5 Signaling rate (max) (MBits) 0.2 Fault protection (V) -9 to 14 Common-mode range (V) -7 to 12 Number of nodes 256 Isolated No Supply current (max) (µA) 900 Rating Catalog Operating temperature range (°C) -40 to 85
Number of receivers 1 Number of transmitters 1 Duplex Half Supply voltage (nom) (V) 5 Signaling rate (max) (MBits) 0.2 Fault protection (V) -9 to 14 Common-mode range (V) -7 to 12 Number of nodes 256 Isolated No Supply current (max) (µA) 900 Rating Catalog Operating temperature range (°C) -40 to 85
PDIP (P) 8 92.5083 mm² 9.81 x 9.43 SOIC (D) 8 29.4 mm² 4.9 x 6 VSSOP (DGK) 8 14.7 mm² 3 x 4.9
  • TIA/EIA-485A 規格の要件を満たすか、それを上回る性能
  • 低静止電力
    • アクティブ・モードで 0.3mA
    • 1nA シャットダウン・モード
  • 1/8 の単位負荷で、バス上に最大 256 のノード
  • バス・ピンの ESD 保護:最大 15kV
  • 業界標準の SN75176 フットプリント
  • フェイルセーフ・レシーバ (バス・オープン、バス短絡、 バス・アイドル)
  • グリッチの発生しないパワーアップ / パワーダウン・バス入出力
  • TIA/EIA-485A 規格の要件を満たすか、それを上回る性能
  • 低静止電力
    • アクティブ・モードで 0.3mA
    • 1nA シャットダウン・モード
  • 1/8 の単位負荷で、バス上に最大 256 のノード
  • バス・ピンの ESD 保護:最大 15kV
  • 業界標準の SN75176 フットプリント
  • フェイルセーフ・レシーバ (バス・オープン、バス短絡、 バス・アイドル)
  • グリッチの発生しないパワーアップ / パワーダウン・バス入出力

SNx5HVD308xE は、RS-485 データ・バス・ネットワーク用に設計された半二重トランシーバです。5V 電源で動作し、TIA/EIA-485A 規格に完全準拠しています。これらのデバイスは遷移時間を制御できるため、長いツイストペア・ケーブルでデータを伝送するのに適しています。SN65HVD3082E および SN75HVD3082E は、最大 200kbps の信号速度に最適化されています。SN65HVD3085E は最大 1Mbps のデータ転送に適しており、 SN65HVD3088E は最大 20Mbps の信号速度を必要とするアプリケーションに適しています。

これらのデバイスは非常に小さい電源電流 (0.3mA (標準値)、負荷を除く) で動作するように設計されています。これらのデバイスは非アクティブ・シャットダウン・モードに入ると消費電流が数ナノアンペアに低下するため、消費電力の制約が厳しいアプリケーションに理想的です。

これらのデバイスは同相範囲が広く ESD 保護レベルが高いため、エネルギー・メータ・ネットワーク、電気インバータ、テレコム・ラックのステータスおよびコマンド信号、ケーブル接続シャーシ・インターコネクト、ノイズ耐性が重要な産業用オートメーション・ネットワークなど、要求の厳しいアプリケーションに適しています。これらのデバイスのフットプリントは、SN75176 デバイスの業界標準のフットプリントと一致しています。パワー・オン・リセット回路は、電源電圧が安定するまで出力を高インピーダンス状態に維持します。サーマル・シャットダウン機能は、システムのフォルト状態による損傷からデバイスを保護します。SN75HVD3082E は 0℃~70℃、SN65HVD308xE は -40℃~85℃の周囲温度での動作が規定されています。SN65HVD3082E の D パッケージ・バージョンは -40℃~105℃の周囲温度での動作が規定されています。

SNx5HVD308xE は、RS-485 データ・バス・ネットワーク用に設計された半二重トランシーバです。5V 電源で動作し、TIA/EIA-485A 規格に完全準拠しています。これらのデバイスは遷移時間を制御できるため、長いツイストペア・ケーブルでデータを伝送するのに適しています。SN65HVD3082E および SN75HVD3082E は、最大 200kbps の信号速度に最適化されています。SN65HVD3085E は最大 1Mbps のデータ転送に適しており、 SN65HVD3088E は最大 20Mbps の信号速度を必要とするアプリケーションに適しています。

これらのデバイスは非常に小さい電源電流 (0.3mA (標準値)、負荷を除く) で動作するように設計されています。これらのデバイスは非アクティブ・シャットダウン・モードに入ると消費電流が数ナノアンペアに低下するため、消費電力の制約が厳しいアプリケーションに理想的です。

これらのデバイスは同相範囲が広く ESD 保護レベルが高いため、エネルギー・メータ・ネットワーク、電気インバータ、テレコム・ラックのステータスおよびコマンド信号、ケーブル接続シャーシ・インターコネクト、ノイズ耐性が重要な産業用オートメーション・ネットワークなど、要求の厳しいアプリケーションに適しています。これらのデバイスのフットプリントは、SN75176 デバイスの業界標準のフットプリントと一致しています。パワー・オン・リセット回路は、電源電圧が安定するまで出力を高インピーダンス状態に維持します。サーマル・シャットダウン機能は、システムのフォルト状態による損傷からデバイスを保護します。SN75HVD3082E は 0℃~70℃、SN65HVD308xE は -40℃~85℃の周囲温度での動作が規定されています。SN65HVD3082E の D パッケージ・バージョンは -40℃~105℃の周囲温度での動作が規定されています。

ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

お客様が関心を持ちそうな類似品

open-in-new 代替品と比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン互換製品
THVD1500 アクティブ 最大 500kbps で動作する ±8kV IEC ESD 保護機能搭載の 5V RS-485 トランシーバ Pin-to-pin device that offers integrated IEC ESD protection (8-kV contact discharge), IEC EFT (2-kV noise immunity).
THVD1510 アクティブ ±18kV IEC ESD 保護機能搭載 5V RS-485 トランシーバ Pin-to-pin device that offers integrated IEC ESD protection (18-kV contact discharge), IEC EFT (4-kV noise immunity), and extended common voltage range
THVD1520 アクティブ 最大 10Mbps 動作、±8kV IEC ESD 保護機能搭載、5V、RS-485 トランシーバ Pin-to-pin device that offers integrated IEC ESD protection (8-kV contact discharge), IEC EFT (2-kV noise immunity).

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
7 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート SNx5HVD308xE 低消費電力 RS-485 トランシーバ データシート (Rev. O 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.O) PDF | HTML 2023年 7月 17日
EVM ユーザー ガイド (英語) RS-485 Half-Duplex EVM User's Guide (Rev. C) PDF | HTML 2021年 9月 1日
技術記事 Can your RS-485 communication survive the great outdoors? PDF | HTML 2019年 3月 29日
設計ガイド AC-Coupled RS-485 Design Guide 2016年 6月 15日
設計ガイド Automatic Direction Control RS-485 Design Guide 2016年 6月 2日
技術記事 Get Connected: The basics of protecting RS-485 against ESD PDF | HTML 2015年 10月 23日
アプリケーション・ノート RS-485 for E-Meter Applications (Rev. A) 2004年 8月 6日

設計および開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

評価ボード

RS485-HF-DPLX-EVM — RS-485 半二重評価モジュール

RS485 半二重評価モジュール(EVM)により、デバイス性能の評価と、SN65HVD1x、SN65HVD2x、SN65HVD7x、SN65HVD8x、SN65HVD96 半二重トランシーバを使用したデータ送信システムの迅速な開発と分析が可能になります。この EVM は RS-485 デバイスが基板にハンダ付けされていません。TI の RS-485 半二重デバイスの無償サンプル請求または製品購入後、評価にご利用ください。互換デバイスの全リストについては EVM のユーザーズ・ガイドをご覧ください。
ユーザー・ガイド: PDF | HTML
評価ボード

SGTC-3P-CYZ-MSPM0L1306 — Shenzhen Geedoolink Technology (中国の深圳ギードゥーリンク技術) の M0 アプリケーション向け CYZ-MSPM0L1306-MiniEVB 評価基板

MSPM0L1306 向けの低コスト評価ボードであり、USB インターフェイス経由で電力供給を受けるほか、内蔵 LDO と電圧リファレンス供給源、USB からシリアルへの変換チップ、1 個のフォトレジスタ、1 個の RGB LED、1 個のユーザー・キー、1 個のユーザー LED も搭載しています。すべての IO ポートやデバッグ・インターフェイスを使用して、MSPM0L チップ・ファミリを迅速かつコスト効率の優れた方法で評価することができます。

シミュレーション・モデル

SN65HVD3082E IBIS Model

SLLC149.ZIP (12 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー・ガイド: PDF
英語版をダウンロード (Rev.A): PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00730 — RS-485 IEC ESD リファレンス・デザイン

The TIDA-00730 is an reference design examining how to protect an RS-485 bus against leathal transient waveforms such as IEC ESD, IEC EFT, and IEC surge. The reference design shows the level of protection that can be achieved through the implementation of a TVS diode on the bus lines of a standard (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00226 — 32 ビット ARM® Cortex™-M4F MCU をベースにした、小型フォーム・ファクタ・シリアル-イーサネット・コンバータ

Serial communications have been widely used in grid infrastructure equipments. But the limitation of transmission distance and bandwidth of serial communication leads to demand for a more flexible and high-speed method to meet modern smart grid network migration. Ethernet has been accepted as an (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-01365 — 双方向 RS-485 ファンアウト・ハブのリファレンス・デザイン

The Bidirectional RS-485 Fan-Out Hub Reference Design (TIDA-01365) documents and tests an RS-485 fan-out hub design where 1:N and N:1 RS-485 signals are aggregated in and out of any bus topology. This design also features automatic direction control, for reduced pin count on microcontrollers, and (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00731 — IEC ESD、EFT およびサージ保護付き RS-485 リファレンス・デザイン

The TIDA-00731 is a reference design examining how to protect an RS-485 bus against lethal transient waveforms such as IEC ESD, IEC EFT, and IEC surge. The reference design shows the level of protection that can be achieved through the implementation of an external protection scheme on the bus (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00308 — 小型、半二重、絶縁型および非絶縁型 RS485 インターフェイスのリファレンス デザイン

RS485 (絶縁型と、非絶縁型) は、グリッド インフラ分野で一般的に使用されているインターフェイスであり、新規設計機器にとって非常に重要なオプションの 1 つです。TIDA-00308 を採用すると、3 種類のアプリケーション シナリオで TI の RS485 デバイスの評価と設計を迅速に実施し、このデザインが採用している絶縁型電源を活用することができます。また、ユーザーズ ガイドに掲載のテスト結果で、このデザインに対して実行した IEC61000-4-2 ESD と IEC61000-4-5 のサージ テストを参照することもできます。
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-01090 — RS-485 自動方向制御のリファレンス・デザイン

The TIDA-01090 reference design enables half-duplex communication over an RS-485 bus without requiring additional driver-enable/receiver-enable controls.  The design allows for the transceiver used on each node to go into transmit mode automatically when data is being transmitted from a local (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDM-TEMPCOMPENSATED-RTC — マイコン・ベース温度補償付きリアル・タイム・クロック・ソリューション

This report introduced the methodology to implement an ultra low power real time clock with temperature compensation function in MSP430F6736. This report describes the crystal’s temperature characteristics and posts to use MSP430F6736’s RTC_C module plus software to implement a ultra (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
PDIP (P) 8 オプションの表示
SOIC (D) 8 オプションの表示
VSSOP (DGK) 8 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材料 (内容)
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ フォーラムでは、TI のエンジニアからの技術サポートが活用可能

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ