VIALUX-3P-SUPER-410

DLPC410 向け ViALUX SuperSpeed V-Modules

VIALUX-3P-SUPER-410

From: ViALUX
購入

概要

ViALUX の各種 SuperSpeed V-Module は、DLPC410 向けのコントローラ・ボード、デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD) である DLP650LNIR、DLP7000、DLP7000UV、DLP9500、DLP9500UV または 0.96 WUXGA DMD と、ALP-4 コントローラ・スイート・ソフトウェアを採用した、総合的なサブシステムを実現します。これらの産業グレード・モジュールを採用すると、高性能のピクセル・レベル制御をすぐにサポートできます。新規開発アプリケーション向けの設計を採用したこれらの DLP® サブシステムは、強力なプログラミング・インターフェイスに対応しており、新製品の早期市場投入に貢献します。

この DMD ボードはコンパクトな設計を採用しているので、PCB の 1 辺だけではなく 2 辺にフレックス・ケーブル接続用コネクタを搭載し、アセンブリ面積を節減することができます。さらに、Rigid-flex PCB (高信頼性のフレキシブル基板) を使用する場合、フレックス接続を 90 度の角度で配線することができます。

製品オプションのリスト全体については、以下のご注文リンクをご覧ください。

特長
  • USB 3.0、ロスレス圧縮、低レイテンシ
  • パターン保存用の 64 ギガビット (8GB) または 128 ギガビット (16GB) のオンボード RAM
  • ALP-4 コントローラ・スイートビット深度、トリガ、フレーム・レート、パターン表示時間、パターン・ループ、LED パラメータそれぞれを設定
  • V-650L NIR:10,752Hz のバイナリ・パターン・レート
  • V-7001 VIS/UV:22,727Hz のバイナリ・パターン・レート
  • V-9501 VIS/UV:17,857Hz のバイナリ・パターン・レート
  • V-9601 VIS:16,393Hz のバイナリ・パターン・レート
  • V-7000 VIS/UV:エレクトロニクスのフットプリントを小型化した USB 2.0 オプション
  • V-9501C:17,857Hz のバイナリ・パターン・レート
UV製品 (< 400 nm)
DLP7000UV DLP® 0.7 XGA、2 x LVDS、UV、A タイプ DMD DLP9500UV DLP® 0.95、1080p、2 x LVDS、UV、A タイプ DMD

 

近紫外線製品 (400 ~ 420nm)
DLP7000 DLP® 0.7 XGA、2 x LVDS、A タイプ DMD

 

近紫外線製品 (400〜420 nm)
DLP9500 DLP® 0.95、1080p、2 x LVDS、A タイプ DMD DLPC410 Digital controller for DLP650LNIR, DLP7000/7000UV & DLP9500/DLP9500UV digital micromirror dev

 

近赤外線製品 (700nm 超)
DLP650LNIR DLP 0.65 NIR WXGA S450 DMD

 

近赤外線製品 (> 700 nm)
DLPR410 DLP® Discovery 4100 チップセット向け PROM

購入と開発の開始

評価ボード

SUPERSPEED-410 — DLPC410 向け ViALUX SuperSpeed V-Modules

TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます。

サポートとトレーニング

サードパーティーのサポート
TI は、このハードウェアに対する直接的な設計サポートを提供していません。設計に関するサポートを希望する場合、次の場所にお問い合わせください。 ViALUX.

ビデオ

免責事項

(TI 以外のサイトへのリンクを含め) 上記の特定の情報とリソースは、サード・パーティーのパートナーから提供されていることがあり、利用者の便宜を図る目的で掲載しています。TI は、かかる情報や資料の提供者ではなく、それらの内容に責任を負うこともありません。利用者は、意図している用途との適合性について、かかる情報や資料を自分自身で注意深く評価するものとします。かかる資料やリソースのここへの掲載は、TI による任意のサード・パーティー企業の承認を暗黙的に意味するものではなく、単独、もしくは TI のいかなる製品やサービスとの組み合わせにおいて、サード・パーティーの製品またはサービスの適合性に関する保証または表明として解釈してはならないものとします。