JAJY123A January   2021  – June 2022 AMC1300 , AMC1302 , AMC1302-Q1 , AMC1305M25-Q1 , AMC1306M25 , AMC1311 , AMC1311-Q1 , AMC1336 , AMC1336-Q1 , AMC1350 , AMC1411 , AMC3301 , AMC3301-Q1 , AMC3330 , AMC3330-Q1 , AMC3336 , AMC3336-Q1 , ISOW1044 , ISOW1412 , ISOW7741 , ISOW7840 , ISOW7841 , ISOW7841A-Q1 , ISOW7842 , ISOW7843 , ISOW7844 , UCC12040 , UCC12041-Q1 , UCC12050 , UCC12051-Q1 , UCC14240-Q1 , UCC21222-Q1 , UCC21530-Q1 , UCC21540 , UCC21710-Q1 , UCC21750-Q1 , UCC23513 , UCC25800-Q1 , UCC5870-Q1

 

  1.   概要
  2.   Authors
  3.   3
  4.   ガルバニック絶縁とは
  5.   高電圧ガルバニック絶縁に関する注意事項
  6.   絶縁方法
    1.     光絶縁
    2.     容量式絶縁
    3.     磁気式絶縁
    4.     ソリューションのサイズとコストを削減しながら絶縁の要求を確実に実現
    5.     EV アプリケーション
    6.     グリッド・インフラストラクチャ・アプリケーション
    7.     ファクトリ・オートメーション・アプリケーション
    8.     モーター・ドライブ・アプリケーション
  7.   まとめ
  8.   その他の資料
ファクトリ・オートメーション、モーター・ドライブ、グリッド・インフラ、電気自動車 (EV) で使われる高電圧は、数百ボルトまたは数千ボルトにも達することがあります。ガルバニック絶縁は、このような高電圧の存在下での安全なヒューマン・インターフェイスの設計に関する課題の解決に役立ちます。

概要

本書では、ガルバニック絶縁の概要を紹介し、高電圧システムを設計する際の絶縁に関する一般的な検討事項と方法を説明します。また、ソリューションのサイズとコストを低減しながら絶縁の要求を確実に満たすうえで、テキサス・インスツルメンツ (TI) の絶縁 IC がどのように役立つかを考察します。

1 ガルバニック絶縁とは
ガルバニック絶縁は、システム内の 2 つ以上の部分の間に電流が流れないようにする電気的分離を実現します。信号と電力を絶縁することで、要員と機器を保護でき、各種業界規格や国際規格に準拠できます。
2 高電圧ガルバニック絶縁に関する注意事項
と方法
電圧定格、間隔 (沿面距離と空間距離)、、同相過渡耐性 (CMTI)、電磁干渉 (EMI) など、絶縁バリアを形成する際の主要な検討事項を確認します。また、安全で信頼性の高い絶縁バリアを提供する標準的な方法 (光学式、静電容量式、磁気式) について説明します。
3 ソリューションのサイズとコストを削減しながら絶縁の要求を確実に実現
TI による静電容量式および磁気式絶縁、パッケージ開発、プロセス技術の進歩は、電気自動車 (EV)、グリッド・インフラ、ファクトリ・オートメーション、モーター・ドライブなどの産業用および車載システムで、電力と高速信号を絶縁バリア越しに安全かつ確実に伝達することを可能にしました。