製品詳細

Local sensor accuracy (Max) (+/- C) 1.5 Type Remote Operating temperature range (C) -40 to 125 Supply voltage (Min) (V) 2.7 Interface type I2C, SMBus Supply voltage (Max) (V) 5.5 Supply current (Max) (uA) 38 Temp resolution (Max) (bits) 12 Features One-shot conversion Remote channels (#) 3 Addresses 2 Rating Automotive
Local sensor accuracy (Max) (+/- C) 1.5 Type Remote Operating temperature range (C) -40 to 125 Supply voltage (Min) (V) 2.7 Interface type I2C, SMBus Supply voltage (Max) (V) 5.5 Supply current (Max) (uA) 38 Temp resolution (Max) (bits) 12 Features One-shot conversion Remote channels (#) 3 Addresses 2 Rating Automotive
SOT-23 (DCN) 8 8 mm² 2.9 x 2.8
  • 下記内容でAEC-Q100認定済み
    • 温度グレード1: -40℃~+125℃
    • デバイスHBM ESD分類レベル2
    • デバイスCDM ESD分類レベルC5
  • SOT23-8パッケージ
  • ±1℃のリモート・ダイオード・センサ(最大値)
  • ±1.5℃のローカル温度センサ(最大値)
  • 直列抵抗のキャンセル
  • n係数の補正
  • 2線式I2Cまたは SMBus 互換のシリアル・インターフェイス
  • 複数のインターフェイス・アドレス
  • ダイオードの障害検出
  • RoHS準拠でSb/Br不使用

アプリケーション

  • プロセッサおよびFPGAの温度監視
  • LCD、DLP、LCOSプロジェクタ
  • サーバー
  • 基地局用テレコム機器
  • ストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)

All trademarks are the property of their respective owners.

  • 下記内容でAEC-Q100認定済み
    • 温度グレード1: -40℃~+125℃
    • デバイスHBM ESD分類レベル2
    • デバイスCDM ESD分類レベルC5
  • SOT23-8パッケージ
  • ±1℃のリモート・ダイオード・センサ(最大値)
  • ±1.5℃のローカル温度センサ(最大値)
  • 直列抵抗のキャンセル
  • n係数の補正
  • 2線式I2Cまたは SMBus 互換のシリアル・インターフェイス
  • 複数のインターフェイス・アドレス
  • ダイオードの障害検出
  • RoHS準拠でSb/Br不使用

アプリケーション

  • プロセッサおよびFPGAの温度監視
  • LCD、DLP、LCOSプロジェクタ
  • サーバー
  • 基地局用テレコム機器
  • ストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)

All trademarks are the property of their respective owners.

TMP421-Q1、TMP422-Q1、TMP423-Q1デバイスは、シングル、デュアル、トリプルのリモート、車載用認定済み温度センサ・モニタで、ローカル温度センサが内蔵されています。リモート温度センサのダイオード接続されたトランジスタは、一般に低コストのNPNまたはPNP型トランジスタまたはダイオードで、マイクロコントローラ、マイクロプロセッサ、またはFPGA(フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ)に不可欠な部分です。

複数のデバイス製造元についてリモート精度±1℃で、較正は必要ありません。2線式のシリアル・インターフェイスはSMBusのバイト書き込み、バイト読み取り、バイト送信、バイト受信コマンドを受け付け、デバイスを構成します。

TMP421-Q1, TMP422-Q1, and TMP423-Q1には、直列抵抗のキャンセル、プログラム可能な非理想係数、広いリモート温度測定範囲(最高+150℃)、ダイオードの障害検出が含まれています。

TMP421-Q1, TMP422-Q1, and TMP423-Q1はすべて、8ピンのSOT-23パッケージで供給されます。

TMP421-Q1、TMP422-Q1、TMP423-Q1デバイスは、シングル、デュアル、トリプルのリモート、車載用認定済み温度センサ・モニタで、ローカル温度センサが内蔵されています。リモート温度センサのダイオード接続されたトランジスタは、一般に低コストのNPNまたはPNP型トランジスタまたはダイオードで、マイクロコントローラ、マイクロプロセッサ、またはFPGA(フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ)に不可欠な部分です。

複数のデバイス製造元についてリモート精度±1℃で、較正は必要ありません。2線式のシリアル・インターフェイスはSMBusのバイト書き込み、バイト読み取り、バイト送信、バイト受信コマンドを受け付け、デバイスを構成します。

TMP421-Q1, TMP422-Q1, and TMP423-Q1には、直列抵抗のキャンセル、プログラム可能な非理想係数、広いリモート温度測定範囲(最高+150℃)、ダイオードの障害検出が含まれています。

TMP421-Q1, TMP422-Q1, and TMP423-Q1はすべて、8ピンのSOT-23パッケージで供給されます。

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
6 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TMP42x-Q1 ±1℃リモートおよびローカル温度センサ データシート PDF | HTML 英語版をダウンロード PDF | HTML 2017年 1月 16日
アプリケーション・ノート 最新の温度センシング技術でディスプレイを保護する方法 PDF | HTML 英語版をダウンロード PDF | HTML 2021年 8月 10日
技術記事 How to maximize powertrain efficiency and reliability with high-accuracy temperature sensors 2021年 5月 10日
技術記事 How to choose the right thermistor for your temperature sensing application 2020年 2月 13日
技術記事 How to enable thermal safety for automotive infotainment and cluster systems 2019年 10月 15日
技術記事 Driving industrial innovation with small-size sensors 2019年 9月 12日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ドライバまたはライブラリ

TMP421SW-LINUX — Linux ドライバ、TMP421 用

この Linux ドライバは、リモートとローカルの温度センサである TMP421 シリーズをサポートしています。また、この Linux ドライバは I2C バス経由の通信をサポートしており、ハードウェア監視サブシステムとのインターフェイスとして機能します。
Linux のメインライン・ステータス

Linux メインラインで利用可能か:はい
git.ti.com から入手可能か:N/A

サポート対象デバイス:
  • TMP421
  • TMP422
  • TMP423
  • TMP441
  • TMP442
Linux ソース・ファイル

このデバイスに関連付けられているファイル:

  1. drivers/hwmon/tmp421.c
  2. (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-01008 — 温度センス機能搭載光学センス・バックライトのリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、周囲光レベルを基準としてバックライトの輝度を調整する方法で消費電力を低減し、LCD とバックライトの寿命を延長します。capTIvate タッチ・スライダを使用すると、輝度に関するユーザーの好みに基づいて、輝度を微調整することができます。LCD ディスプレイ全般は温度に敏感で、温度要件を規定していますが、監視用のリモート温度センサを搭載しているので、システムを保護するためのサーマル・シャットダウン機能を実装できます。
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-01381 — LED ヘッドライト向け車載マルチチャネル温度センシングのリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、マトリクス LED ヘッドライトの単一ストリング駆動、LED の温度測定、サーマル・フォールドバック・サポートの実装を行う方法を詳細に示すソリューションであり、LED 温度が上昇した場合は LED に流す電流を低減して LED の破損を防止します。このデザインは、負の温度係数 (NTC) を持つサーミスタの代わりに温度センシング機能を使用して、部品点数と物理的な配線数を低減し、マイコンの使用ピン数も節減しています。TIDA-01381 は、サーマル・フォールドバックによる LED (...)
回路図: PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-23 (DCN) 8 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ