ガラス破損検出器

Glass break detector system integrated circuits and reference designs

設計上の考慮事項

TI の IC とリファレンス・デザインは、長いバッテリ動作時間を維持しながらガラス粉砕の音を継続的に監視するガラス破損検知器の設計と製作に役立ちます。

ガラス破損検知器の一般的な設計要件:

  • 低周波数 (300Hz 未満) とそれより高い周波数 (9kHz 超) 両方のガラス破損音の増幅とフィルタリング。
  • バッテリ保持時間の長いバッテリ動作設計による、メンテナンスの低減。
  • 2.4GHz や Sub-1GHz の各ネットワークとの通信を実施できる超低消費電力ワイヤレス通信。
View more

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (2)

タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 411 KB 09 Nov 2018
PDF 686 KB 05 Feb 2008

技術記事

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください