ソーラー・アーク保護

ブロック図

概要

TI の IC とリファレンス・デザインは、UL1699B の要件に適合する効果的なソーラー・アーク保護機能の設計と製作に役立ちます。高速なアナログ・フロント・エンド (AFE) とデジタル信号プロセッサ (DSP) を搭載したソーラー・アーク保護機能は、信号を迅速に分析し、アーク発生の可能性を検出して対処することができます。

設計要件

ソーラー・アーク保護機能の一般的な要件:

  • スペクトルの精密測定に役立つ、高精度のアナログ・シグナル・チェーン。
  • 直列と並列の各アークの高精度検出。
  • 誤検出の防止に役立つ信号処理。

ブロック図

システムに適した製品やリファレンスデザインを検索

技術資料

すべて表示 2
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
アプリケーション・ノート The RS-485 Design Guide (Rev. D) PDF | HTML 10 May 2022
ホワイト・ペーパー Enable smarter, cleaner power through technology innovation 30 May 2014

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ