JAJSH62N October   2004  – October 2021 PCA9306

PRODUCTION DATA  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
  4. Revision History
  5. Pin Configuration and Functions
  6. Specifications
    1. 6.1  Absolute Maximum Ratings
    2. 6.2  ESD Ratings
    3. 6.3  Recommended Operating Conditions
    4. 6.4  Thermal Information
    5. 6.5  Electrical Characteristics
    6. 6.6  Switching Characteristics AC Performance (Translating Down) (EN = 3.3 V)
    7. 6.7  Switching Characteristics AC Performance (Translating Down) (EN = 2.5 V)
    8. 6.8  Switching Characteristics AC Performance (Translating Up) (EN = 3.3 V)
    9. 6.9  Switching Characteristics AC Performance (Translating Up) (EN = 2.5 V)
    10. 6.10 Typical Characteristics
  7. Parameter Measurement Information
  8. Detailed Description
    1. 8.1 Overview
      1. 8.1.1 Definition of threshold voltage
      2. 8.1.2 Correct Device Set Up
      3. 8.1.3 Disconnecting an I2C target from the Main I2C Bus Using the EN Pin
      4. 8.1.4 Supporting Remote Board Insertion to Backplane with PCA9306
      5. 8.1.5 Switch Configuration
      6. 8.1.6 Controller on Side 1 or Side 2 of Device
      7. 8.1.7 LDO and PCA9306 Concerns
      8. 8.1.8 Current Limiting Resistance on VREF2
    2. 8.2 Functional Block Diagram
    3. 8.3 Feature Description
      1. 8.3.1 Enable (EN) Pin
      2. 8.3.2 Voltage Translation
    4. 8.4 Device Functional Modes
  9. Application and Implementation
    1. 9.1 Application Information
      1. 9.1.1 General Applications of I2C
    2. 9.2 Typical Application
      1. 9.2.1 Design Requirements
      2. 9.2.2 Detailed Design Procedure
        1. 9.2.2.1 Bidirectional Voltage Translation
        2. 9.2.2.2 Sizing Pullup Resistors
        3. 9.2.2.3 PCA9306 Bandwidth
      3. 9.2.3 Application Curve
  10. 10Power Supply Recommendations
  11. 11Layout
    1. 11.1 Layout Guidelines
    2. 11.2 Layout Example
  12. 12Device and Documentation Support
    1. 12.1 Receiving Notification of Documentation Updates
    2. 12.2 サポート・リソース
    3. 12.3 Trademarks
    4. 12.4 静電気放電に関する注意事項
    5. 12.5 用語集

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

特長

  • 混在モードの I2C アプリケーションで、 SDA および SCL ライン用の 2 ビット双方向トランスレータ
  • I2C バスおよび SMBus 互換
  • 最大伝播遅延が 1.5ns 未満で、Standard-mode および Fast-mode の I2C デバイスと複数のコントローラに対応
  • 次の電圧レベル変換が可能
    • 1.2V の VREF1 と、1.8V、2.5V、3.3V、
      5V の VREF2
    • 1.8V の VREF1 と、2.5V、3.3V、5V の VREF2
    • 2.5V の VREF1 と、3.3V または 5V の VREF2
    • 3.3V の VREF1 と、5V の VREF2
  • 方向ピンを必要としない双方向電圧レベル変換
  • 入力および出力ポート間のオン抵抗が 3.5Ω と低いことにより信号の歪みを低減
  • オープン・ドレインの I2C I/O ポート (SCL1、SDA1、SCL2、SDA2)
  • 5V 許容の I2C I/O ポートにより、混在モード信号動作をサポート
  • EN = LOW のとき SCL1、SDA1、SCL2、SDA2 ピンが高インピーダンス
  • EN = LOW のとき、絶縁のためのロックアップ・フリー動作
  • フロースルー・ピン配置によりプリント基板の配線を簡素化
  • JESD 78、Class II 準拠で 100mA 超のラッチアップ性能
  • JESD 22 を上回る ESD 保護
    • 2000V、人体モデル (A114-A)
    • 1000V、デバイス帯電モデル (C101)