フライバックと Fly-Buck&

効率の向上、低 EMI、低スタンバイ電力を実現

 内蔵機能と電力密度の向上

TI のフライバック ソリューションを採用すると、高効率で、より小型の電源を設計できます。TI は、長年の経験から信頼性が高く革新的な製品を提供することができます。高電圧スタートアップ、EMI ディザリング、可変周波数などの機能が内蔵されているため、シンプルな電源設計が可能で、効率および電力密度を向上させることができます。コンシューマ エレクトロニクスから車載アプリケーションまで、さまざまな用途に対応するフライバック ソリューションを提供しています。

カテゴリ別に製品を検索

オフライン AC/DC フライバック コントローラ

外部電界効果トランジスタを駆動する TI の幅広いコントローラから選定

オフライン AC-DC フライバック コンバータ

フライバック コンバータまたは高電圧の降圧コンバータとして構成可能な内蔵電界効果トランジスタ (FET)

設計に最適なフライバック コントローラの検索

設計と開発に役立つリソース

評価ボード
UCC28782 GaN ハーフブリッジである LMG2610 を内蔵、65W USB Type-C PD 向け、アクティブ・クランプ・フライバック・コンバータの評価基板 (EVM)

UCC28782EVM-030 は UCC28782 アクティブ・クランプ・フライバック・コントローラを使用して、65W USB Type-C™ Power Delivery (PD) オフライン・アダプタ向けの高効率で高密度の回路を提示します。入力は、90Vac ~ 264Vac のユニバーサル範囲に対応し、単一出力は 5V、9V、15V のいずれかに設定でき、どの場合も最大 3A を供給できます。また、20V で最大 3.25A を供給することもできますが、この場合は USB PD インターフェイス・コントローラによる制御が可能です。公称 250kHz (...)

リファレンス・デザイン
回生ブレーキの安全性テストをサポートする車載、40V ~ 1kV 入力フライバックのリファレンス・デザイン
この電源リファレンス・デザインは、車載用補助回路向けであり、40V ~ 1kV の広い入力範囲を受け入れ、15V、4A の出力を供給するほか、最大 1.2kV の過渡に対処できます。このデザインは、800V のバッテリで動作するハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)のトラクション・インバータ・システムに最適です。40V という最小入力電圧は、主電動機に対する再生ブレーキの機能安全テストをサポートする値です。このリファレンス・デザインは、ブロッキング電圧が高くゲート電荷の小さい SiC(シリコン・カーバイド)MOSFET (...)
計算ツール
Fly-Buck / フライバック・トポロジー・セレクタ

This tool helps a power supply engineer to select the right isolated DC-DC topology based on the specifications. Depending on the topology chosen, the calculator also recommends the right IC for the design.

主なアプリケーションの概要

電化製品
TI の各種フライバック・コントローラは、ソリューション・サイズやスタンバイ消費電力の低減と同時に、家電製品アプリケーションの効率最大化に貢献
HV/EV (ハイブリッド車と電気自動車) のインバータ
TI の各種フライバック・コントローラは、入力電圧範囲の広いハイブリッド車と電気自動車 (HV/EV) のインバータ・アプリケーションに対応
グリッド インフラ
TI の各種フライバック・コントローラは、ソリューション・サイズの最小化と効率の最大化に貢献

TI の各種フライバック・コントローラは、ソリューション・サイズやスタンバイ消費電力の低減と同時に、家電製品アプリケーションの効率最大化に貢献

TI の各種フライバック・コントローラとコンバータは、家電製品アプリケーションで高い電力密度と効率を達成すると同時に、EMI (電磁干渉) 準拠試験への合格に役立ちます。

利点:

  • バレー・スイッチングの採用で、MOSFET (金属 - 酸化膜 - 半導体の電界効果トランジスタ) をオンにするときのスイッチング損失を低減し、電流スパイクを最小限に抑えます。
  • 周波数ディザリングの採用で、EMI フィルタのコスト削減と、EMI ノイズ測定値の低減を実現できます。
  • 絶縁型 (フライバック) と非絶縁型 (降圧) の各トポロジに対応しています。
  • FET 内蔵という特長により、外部部品点数の低減、電源設計の簡素化、電力密度の向上に貢献します。

主なリソース

リファレンス・デザイン
  • PMP10767 – AC/DC 補助電源、リファレンス・デザイン、UCC28911 使用
  • PMP30605 – ユニバーサル入力、12V、1A 出力、絶縁型フライバックのリファレンス・デザイン
  • PMP30032 – ユニバーサル入力から 12V@500mA を出力する 700V スイッチ搭載 PSR 絶縁型フライバックのリファレンス・デザイン
製品
  • UCC28911 – 定電圧、定電流、1 次側レギュレーション機能搭載、700V フライバック・スイッチャ
  • UCC28600 – 8 ピン、疑似共振フライバック・グリーン・モード・コントローラ
技術資料

TI の各種フライバック・コントローラは、入力電圧範囲の広いハイブリッド車と電気自動車 (HV/EV) のインバータ・アプリケーションに対応

TI の各種 1 次側レギュレーション・フライバック・コントローラは、高電圧バッテリ電源に直結して動作する冗長電源を内蔵しています。

利点:

  • 700V の内部スタートアップ・スイッチは、低電圧や高電圧のバッテリからのレール生成に対応します。
  • 5mW のスタンバイ電力を達成し、高電圧バッテリの動作期間延長や、全体の消費電力低減に貢献します。

主なリソース

リファレンス・デザイン
  • PMP22288 – 車載インバータ電源向け 15W フライバックのリファレンス・デザイン
  • PMP22557 – High voltage buck converter reference design for E-motorcycle BMS applications
  • PMP22487 – High voltage buck converter reference design for BMS applications
製品
  • UCC28730-Q1 – 車載対応、ゼロ パワー スタンバイ、PSR (1 次側安定化) フライバック コントローラ
  • UCC28700-Q1 – 車載グレード、コンパクト、1 次側レギュレーション、PWM コントローラ
  • LM5021-Q1 – 車載、30V、1MHz、電流モード PWM コントローラ

TI の各種フライバック・コントローラは、ソリューション・サイズの最小化と効率の最大化に貢献

TI の低コストで高効率の各種フライバック・コントローラは、環境が過酷な場合も含め、グリッド・インフラでの高い電力密度実現に役立ちます。

利点:

  • バレー・スイッチングを採用し、スイッチング損失の低減と、最大誤差 1% の出力レギュレーション精度を実現できます。
  • 入力電圧範囲の広い設計 (700V 対応の内蔵スタートアップ・スイッチ) を採用しており、さまざまなアプリケーションのニーズへの対応、外部部品点数の低減、電力密度の向上に貢献します。
  • 絶縁型 (フライバック) と非絶縁型 (降圧) の各トポロジに対応しています。

主なリソース

リファレンス・デザイン
  • PMP21783 – 60-W, Ultra-wide range power supply reference design
  • PMP8583 – 12.2V @ 500mA ユニバーサル入力、非絶縁型、疑似共振フライバック
製品
  • UCC28740 – 2 次側安定化 (SSR) 機能搭載、定電圧、定電流 (CVCC) フライバック コントローラ
  • UCC28742 – 出力安定化精度 1%、高効率フライバック コントローラ
  • UCC28911 – 定電圧、定電流、1 次側レギュレーション機能搭載、700V フライバック・スイッチャ
技術資料

技術リソース

ビデオ
ビデオ
フライバックの基礎について
この役立つビデオをご覧になると、フライバック コンバータの基礎を確認できます。
ホワイト・ペーパー
ホワイト・ペーパー
Power Through the Isolation Barrier: The Landscape of Isolated DC/DC Bias Power (Rev. A)
このホワイト ペーパーは、絶縁バリアにまたがって信号と電力を転送する各種絶縁型 DC/DC バイアス電源について説明します。
document-pdfAcrobat PDF
アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
Troubleshooting TI PSR controllers
このアプリケーション ノートは、DCM フライバック コントローラを使用して設計上の一般的な課題を解決する方法を解説しています。
document-pdfAcrobat PDF