透過式ウィンドウ・ディスプレイ

製品とリファレンス・デザイン

透過式ウィンドウ・ディスプレイ

ブロック図

概要

プロジェクタ・ベースの透過型ウィンドウ・ディスプレイを構成するのは、自動車内に取り付ける 1 個の小型プロジェクタと、1 枚の透明フィルムです。通常はこのフィルムはサンドイッチ構造またはラミネート (積層) 構造であり、自動車のサイド、リア、場合によってはフロント・ウィンドウに取り付けます。透過型ウィンドウ・ディスプレイの用途として、従来型または自動運転車のライドシェア (自家用車を使用する配車サービス) や近距離輸送、広告、車内エンターテインメント、自動車の診断、ドライバーへのあいさつや情報提供、自動車搭乗時のタッチスクリーン操作などを挙げることができます。

設計要件

透過型ウィンドウ・ディスプレイ設計の要件:

  • 昼間も輝度を確保するための大きい光学系出力電力。
  • 波長 405nm または RGB のプロジェクタから放射された光を映し出す、蛍光体または多色のフィルム。
  • 車載対応 DLP 405nm または RGB のチップセット。

このアプリケーションの機能を拡張する
ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

ブロック図

システムに適した製品やリファレンスデザインを検索

技術資料

すべて表示 1
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
ホワイト・ペーパー ドライバーの注意を妨げないインタラクティブなインフォテインメント・システムの設計 2019年 3月 15日

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ