JAJS629P February   2000  – July 2022 LM1117

PRODUCTION DATA  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
  4. 改訂履歴
  5. デバイス比較表
  6. ピン構成および機能
  7. 仕様
    1. 7.1 絶対最大定格
    2. 7.2 ESD 定格
    3. 7.3 推奨動作条件
    4. 7.4 熱に関する情報
    5. 7.5 LM1117 電気的特性
    6. 7.6 LM1117I 電気的特性
    7. 7.7 標準的特性
  8. 詳細説明
    1. 8.1 概要
    2. 8.2 機能ブロック図
    3. 8.3 特長の説明
      1. 8.3.1 負荷レギュレーション
    4. 8.4 デバイスの機能モード
      1. 8.4.1 保護ダイオード
  9. アプリケーションと実装
    1. 9.1 アプリケーション情報
    2. 9.2 代表的なアプリケーション
      1. 9.2.1 設計要件
      2. 9.2.2 詳細な設計手順
        1. 9.2.2.1 外付けコンデンサ
          1. 9.2.2.1.1 入力バイパス・コンデンサ
          2. 9.2.2.1.2 端子のバイパス・コンデンサの調整
          3. 9.2.2.1.3 出力コンデンサ
      3. 9.2.3 アプリケーション曲線
    3. 9.3 システム例
  10. 10電源に関する推奨事項
  11. 11レイアウト
    1. 11.1 レイアウトのガイドライン
      1. 11.1.1 ヒートシンクの要件
    2. 11.2 レイアウト例
  12. 12デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 12.1 ドキュメントのサポート
      1. 12.1.1 関連資料
    2. 12.2 Receiving Notification of Documentation Updates
    3. 12.3 サポート・リソース
    4. 12.4 商標
    5. 12.5 Electrostatic Discharge Caution
    6. 12.6 Glossary
  13. 13メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

特長

  • より新しいドロップイン代替品については、TLV1117 を参照
  • 1.8V、2.5V、3.3V、5V、および可変バージョンで供給
  • 省スペースの SOT-223 および WSON パッケージ
  • 電流制限および過熱保護
  • 出力電流:800mA
  • ライン・レギュレーション:0.2% (最大値)
  • 負荷レギュレーション:0.4% (最大値)
  • 温度範囲:
    • LM1117:0℃~125℃
    • LM1117I:-40℃~125℃