製品詳細

Features Programmable frequency Output frequency (MHz) 1000 Output type HCSL, LVDS, LVPECL Stability (ppm) 25 Supply voltage (V) 3.3 Jitter (ps) 0.15 Operating temperature range (C) -40 to 85 Rating Catalog
Features Programmable frequency Output frequency (MHz) 1000 Output type HCSL, LVDS, LVPECL Stability (ppm) 25 Supply voltage (V) 3.3 Jitter (ps) 0.15 Operating temperature range (C) -40 to 85 Rating Catalog
QFM (SIA) 6 35 mm² 5 x 7 QFM (SIA) 6
  • 超低ノイズ、高性能
    • ジッタ: 90fs RMS (fOUT > 100MHzでの標準値、LMK61E07)
    • PSRR: -70dBcの堅牢な電源ノイズ耐性(LMK61E07)
  • 柔軟な出力フォーマット(LMK61E07)
    • LVPECL: 最大1GHz
    • LVDS: 最大900MHz
    • HCSL: 最大400MHz
  • 合計周波数許容誤差: ±25ppm
  • システム・レベルの機能
    • グリッチなしの周波数マージン処理: 公称値から最大±1000ppm
    • EEPROM内蔵: スタートアップ設定をユーザーが構成可能
  • その他の特長
    • デバイス制御: 最大1000kHzのファースト・モードI2C
    • 動作電圧: 3.3V
    • 工業用温度範囲: (-40℃~+85℃)
    • 7mm×5mmの8ピン・パッケージ
  • デフォルト周波数
    • 70.656MHz
  • 超低ノイズ、高性能
    • ジッタ: 90fs RMS (fOUT > 100MHzでの標準値、LMK61E07)
    • PSRR: -70dBcの堅牢な電源ノイズ耐性(LMK61E07)
  • 柔軟な出力フォーマット(LMK61E07)
    • LVPECL: 最大1GHz
    • LVDS: 最大900MHz
    • HCSL: 最大400MHz
  • 合計周波数許容誤差: ±25ppm
  • システム・レベルの機能
    • グリッチなしの周波数マージン処理: 公称値から最大±1000ppm
    • EEPROM内蔵: スタートアップ設定をユーザーが構成可能
  • その他の特長
    • デバイス制御: 最大1000kHzのファースト・モードI2C
    • 動作電圧: 3.3V
    • 工業用温度範囲: (-40℃~+85℃)
    • 7mm×5mmの8ピン・パッケージ
  • デフォルト周波数
    • 70.656MHz

LMK61E07ファミリの超低ジッタPLLatinumTMプログラマブル発振器は、fractional-N周波数シンセサイザと内蔵VCOを使用して、一般的に使用されるリファレンス・クロックを生成します。LMK61E07の出力は、LVPECL、LVDS、またはHCSLとして構成できます。このデバイスは、オンチップのEEPROMにより自己起動し、工場でプログラムされたデフォルト出力周波数を生成します。また、デバイスのレジスタとEEPROM設定は、I2Cシリアル・インターフェイス経由でシステム内で完全にプログラム可能です。このデバイスは、I2Cシリアル・インターフェイスにより細かい/粗い周波数マージン処理を実行でき、デジタル制御の発振器(DCXO)となります。

PLL帰還分周値の更新により、スパイクやグリッチなしに出力周波数を調整できます。xDSLの要件との互換のためには12.5MHzのPFD (R分周値 = 4、ダブラー無効)を使用し1ppb未満の刻みで、放送ビデオの要件との互換のためには100MHzのPFD (R分周値 = 1、ダブラー有効)を使用し5.2ppb未満の刻みで調整が可能です。また、周波数マージン処理機能により、標準への準拠やシステムのタイミング・マージン・テストなどのシステム設計検証テスト(DVT)が容易になります。

LMK61E07ファミリの超低ジッタPLLatinumTMプログラマブル発振器は、fractional-N周波数シンセサイザと内蔵VCOを使用して、一般的に使用されるリファレンス・クロックを生成します。LMK61E07の出力は、LVPECL、LVDS、またはHCSLとして構成できます。このデバイスは、オンチップのEEPROMにより自己起動し、工場でプログラムされたデフォルト出力周波数を生成します。また、デバイスのレジスタとEEPROM設定は、I2Cシリアル・インターフェイス経由でシステム内で完全にプログラム可能です。このデバイスは、I2Cシリアル・インターフェイスにより細かい/粗い周波数マージン処理を実行でき、デジタル制御の発振器(DCXO)となります。

PLL帰還分周値の更新により、スパイクやグリッチなしに出力周波数を調整できます。xDSLの要件との互換のためには12.5MHzのPFD (R分周値 = 4、ダブラー無効)を使用し1ppb未満の刻みで、放送ビデオの要件との互換のためには100MHzのPFD (R分周値 = 1、ダブラー有効)を使用し5.2ppb未満の刻みで調整が可能です。また、周波数マージン処理機能により、標準への準拠やシステムのタイミング・マージン・テストなどのシステム設計検証テスト(DVT)が容易になります。

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン配置が異なる製品。
NEW LMK6C プレビュー Low-jitter, high-performance, bulk-acoustic-wave (BAW) fixed-frequency LVCMOS oscillator

Small package with BAW technology

NEW LMK6P アクティブ Low-jitter, high-performance, bulk-acoustic-wave (BAW) fixed-frequency LVPECL oscillator Small package, improved performance, fixed-frequency LVPECL oscillator with BAW technology

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
3 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LMK61E07 EEPROM内蔵、超低ジッタのプログラマブル発振器 データシート (Rev. A 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.A) PDF | HTML 2018年 10月 8日
技術記事 How to select an optimal clocking solution for your FPGA-based design 2015年 12月 9日
EVM ユーザー ガイド (英語) LMK61FFEVM User's Guide (Rev. A) 2015年 11月 20日

設計および開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

評価ボード

LMK61E2-156M25EVM — LMK61E2-156M25 超低ジッタ固定周波数オシレータ、評価モジュール

The LMK61E2-156M25EVM evaluation module provides a complete platform to evaluate the 90-fs RMS jitter performance of Texas Instruments LMK61E2-156M25 Ultra-Low Jitter Fixed Frequency Oscillator.

 The onboard power supply options allow for ease of use as well as configuration flexibility (...)

ユーザー・ガイド: PDF
設計ツール

CLOCK-TREE-ARCHITECT

Clock tree architect プログラミング・ソフトウェア

Clock tree architect はクロック・ツリーの合成ツールであり、開発中システムの要件に基づいてクロック・ツリー・ソリューションを生成する方法で、お客様の設計プロセスの効率化に貢献します。このツールは、多様なクロック供給製品を収録した包括的なデータベースからデータを抽出し、システム・レベルのマルチチップ・クロック供給ソリューションを生成します。
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
QFM (SIA) 6 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材料 (内容)
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ