住宅用ブレーカ

ブロック図

概要

TI の IC とリファレンス・デザインは、小型フォーム・ファクタをサポートすると同時に、障害を高精度で検出し、負荷を迅速に接続解除する住宅用サーキット・ブレーカの設計、製作、最適化に役立ちます。アーク障害回路遮断器 (AFCI)、地絡回路遮断器 (GFCI)、リーケージ電流を検出する住宅向け電流回路遮断器 (RCCB)、電圧サージを検出するサージ保護デバイス (SPD)、障害電流または障害温度を検出する小型サーキット・ブレーカ (MCB) を含め、さまざまな住宅向けブレーカを設計するときに、TI の製品や情報が役立ちます。

設計要件

最新の住宅向けブレーカの一般的な要件:

  • 高周波のアークまたは低レベルのリーケージ電流を検出できる感度。
  • 交流 (AC) のライン (商用電源) 電流または電圧を、レギュレーション済みの直流 (DC) に変換する部品の最小化。
  • データ分析の改善に役立つ、有線とワイヤレスの通信の統合。

ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

ブロック図

システムに適した製品やリファレンスデザインを検索

技術資料

すべて表示 1
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
ホワイト・ペーパー Enabling and integrating wired & wireless technologies for grid interoperability 2019年 3月 22日

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ