サーボ・ドライブの機能安全モジュール

ブロック図

概要

TI の IC とリファレンス・デザインは、高い信頼性で速度と位置を測定する機能と堅牢なデジタル IO を搭載し、IEC 61800-5-2 に従うさまざまな機能を実装する、サーボ・ドライブ向け機能安全モジュールの製作に貢献します。TI の各種製品は、さまざまな障害を検出する診断機能を実行し、安全側故障率 (故障発生時に安全側に遷移する確率) の向上に貢献します。

設計要件

サーボ・ドライブ機能安全モジュールの一般的な要件:

  • 最大 60Vdc の入力で動作するか、その電圧に耐えることができる電源。
  • 冗長マルチプロトコル・エンコーダ・インターフェイスと、保護されたデジタル入出力。
  • 複数の信号のクロス監視と、単一ハードウェアでの障害耐性 (フォルト・トレランス) の実現。
  • 複数の電圧レールと温度の監視を通じた、連続的な回路自己診断。

ブロック図

システムに適した製品やリファレンスデザインを検索

技術資料

すべて表示 10
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
アプリケーション・ノート C2000™ Hardware Built-In Self-Test (Rev. A) PDF | HTML 28 Sep 2022
機能安全情報 The state of functional safety in Industry 4.0 28 Jul 2022
機能安全情報 Functional safety for Elevator Systems 28 Jul 2022
機能安全情報 SafeTI™ Functional Safety: A tunable FMEDA for C2000™ MCUs 28 Jul 2022
その他の技術資料 Decentralized servo architecture webinar 1 Mar 2021
その他の技術資料 Decentralized servo architecture webinar 1 Mar 2021
e-Book(PDF) E-book:産業用ロボット設計に関するエンジニア・ガイド 英語版をダウンロード 16 Nov 2020
e-Book(PDF) E-book: An engineer’s guide to industrial robot designs.. 28 Oct 2020
ホワイト・ペーパー アイソレータにおける故障モードの理解 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) 30 May 2018
アプリケーション・ノート Improving Response Time and Reliability of Isolated Digital Input Receivers 18 Dec 2017

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ