NOR ゲート

コンビネーション・ロジック (組み合わせロジック) でシグナル・チェーンを簡素化

parametric-filter製品をすべて表示
100 種類以上の NOR ゲートで構成された TI の製品ラインアップを活用すると、デジタル信号のイネーブル / ディスエーブル、複数のエラー信号の監視、ラッチ機能の作成など、コンビネーション・ロジック (組み合わせロジック) に関連する一般的な課題を解決できます。1 ~ 6 チャネルの構成に対応しており、オープン・ドレイン・デバイス、シュミット・トリガ・デバイスの各オプションが入手可能です。

主な NOR ゲート

TI の NOR ゲートを選択する理由

checkmark

広い動作電圧範囲

0.8V から 18V まで、開発中アプリケーションの多様なニーズに対応する製品を選定できます。

checkmark

多様なパッケージ製品

リード付きパッケージとリードなしパッケージの両方があり、ピン数は 5 ~ 20 ピンです。一部のパッケージでウェッタブル・フランクを利用することができます。 

checkmark

シュミット・トリガ入力

TI の新しい HCS ファミリは、シュミット・トリガ入力を採用しており、優れたノイズ耐性を実現します。 

NOR ゲートの一般的なアプリケーションや用途

S-R ラッチを使用したアラーム/タンパ回路の設計

アラーム回路は、システムの重要な部分に使用され、イベントのフラグを立てて対処する必要があります。このビデオでは、アラームトリガ・イベントを見逃さないようにするための簡単なラッチングソリューションを紹介します。